« 脳のしわの有無で知的能力に差 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-2 »

22 avr. 2004

臨床心理学演習(MC)1-2

なんと!自発的に担当決めしてレジュメを作成してくださるなんて!予習もしていなかったので助かりました。
認知行動療法系のテキストです。今日は4章,思考が感情や行動に(双方向的に)影響を与えることmagic circle,エントリーポイントが「思考」であること,など。続きのワークの部分は次回。
自己の認知,自己の行動の評価,自己の未来の予測,というワークを受講生の方々には各自書いていただきましたが,自分でやったらどうなるんだろ。

|

« 脳のしわの有無で知的能力に差 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-2 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/477739

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習(MC)1-2:

« 脳のしわの有無で知的能力に差 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-2 »