« 卒論指導日 | Accueil | 臨床心理学演習(MC)1-2 »

21 avr. 2004

脳のしわの有無で知的能力に差

けっこう「脳皮質のたたまれ方」には個人差があることは,あまり知られていない。帯状回前部,特に傍帯状溝は30-60%の人にはあり,また左半球ではみられることが多い。
この形態上の違いは,認知能力の個人差を反映するか。

30人の右利き男性を調査した結果,左半球にそういう溝が存在する人は,言語的・非言語的実行機能に優れている。実行機能を要しない課題では,そのような優劣はみられない。

というわけで,脳の形態の違いは,認知機能の一部に影響を与えるということになる。

Cerebral Cortex 14(4): 424-431, April 2004.
Fornito A et al.
Individual differences in anterior cingulate/paracingulate morphology are related to executive functions in healthy males.
executive function, frontal lobe, MRI, sulcus, verbal fluency, working memory

Journal's abstract

|

« 卒論指導日 | Accueil | 臨床心理学演習(MC)1-2 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/473327

Voici les sites qui parlent de 脳のしわの有無で知的能力に差:

« 卒論指導日 | Accueil | 臨床心理学演習(MC)1-2 »