« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-6 | Accueil | 例外的小説家が私に与える影響 »

28 mai 2004

性格心理学I-6

性格理解の方法(続)。投影法と作業検査法。ロールシャッハ図版(擬)に対する受講生の反応がわかれたので,その後の説明がしやすかったです。
質問紙性格検査の実際を経験するという目的で,NEO-FFIを実施。プロフィールの形状におおきな個人差があることは理解できたと思います(個人差が不明瞭だったら,あまり検査の意義がなくなってしまいますから)。
次回からは今学期のヤマ場,特性論と類型論に入っていきます。特→類にするか,類→特にするか考え中。

|

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-6 | Accueil | 例外的小説家が私に与える影響 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/668891

Voici les sites qui parlent de 性格心理学I-6:

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-6 | Accueil | 例外的小説家が私に与える影響 »