« ギャンブルと後悔と眼窩前頭回 | Accueil | 数のコンセプト,モノのコンセプト »

24 mai 2004

老化と痴呆の間にある精神面の変化

正常な老化と痴呆の中間に「軽度認知障害(MCI: Mild Cognitive Impairment)」がある。

1010名のMCI症例を対象に,ベースライン時(測定開始時)の精神神経症状を調べたところ,59%には少なくとも1項目以上の症状がみられた。多く見られたのは,抑うつ,不安,焦燥感,イライラ/攻撃的,無気力(アパシー)/無関心であった(これらの項目は,アルツハイマー型痴呆(AD)においてもみられるが,その頻度や程度はAD>MCI)。妄想,幻覚,多幸感,脱抑制,運動症状(不随意的な動作など)は少なかった。
さらに,こういった精神神経症状を示す人々は,そうでない人々に比べて認知的機能障害(記憶力の低下など)の程度が高かった。

中間にMCIと呼ばれる状態があることをご存じでしょうか。痴呆 or notではなく,グレーゾーンがあるのです。そしてその状態において精神面の変化があると,知的機能低下の度合いが高くなると予測されます。

Neurology 62: 1199-1201, April 2004.
Feldman H et al.
Behavioral symptoms in mild cognitive impairment.

Journal's abstract

Neuropsychiatry; Survey

|

« ギャンブルと後悔と眼窩前頭回 | Accueil | 数のコンセプト,モノのコンセプト »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/645541

Voici les sites qui parlent de 老化と痴呆の間にある精神面の変化:

« ギャンブルと後悔と眼窩前頭回 | Accueil | 数のコンセプト,モノのコンセプト »