« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-10 | Accueil | 誰をデートに誘うか決めるとき »

25 juin 2004

性格心理学I-10

自宅出発がいつもより遅れ,あやうく電車に乗り遅れ,「遅刻」するところだった。ギリギリセーフ。

「ライフサイクル」論。ユングと,エリクソン。エリクソン-自我同一性-モラトリアム,は定番ですから,既に知っている受講生もいました。ユングの「人生の正午」はいつ頃でしょう?という質問をしたところ,40歳,という答えが一番多かったのですが(正解),なかには「30」「60」なんていう答えも。30だったら,僕はもう過ぎた...

こんな日なのに傘を持っていかなかったため,大学から駅まで「雨に濡れながら」走りました。ちょっと惨め。

|

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-10 | Accueil | 誰をデートに誘うか決めるとき »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/837648

Voici les sites qui parlent de 性格心理学I-10:

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-10 | Accueil | 誰をデートに誘うか決めるとき »