« 本リスト更新 | Accueil | 修士論文構想発表・指導会 »

01 juin 2004

日常的演技度,演じ分ける能力

卒論生のひとりが考えているテーマ。社会不安傾向と「演じる」こと。

日常的演技度
日常生活でも「仮面をつけて」「演技をしながら」生きていると考える。
そうであるならば,ふだんの生活における演技度は,社会不安傾向に影響を与えるかもしれない。
仮説
日常的演技度と社会不安(1と2は相互排他的)
1)日常的演技度が高いほど,社会不安の程度は低い。
2)日常的演技度が高すぎても低すぎても,社会不安の程度は高まる。

演じ分ける能力
ロールプレイングやイメージトレーニングにおける「その場面での役割演技・イメージ」による治療に効果が見られた場合,その場面でのふるまいに「慣れる」ために生じた効果(場面特異的)なのか,「演じる能力」が向上したために生じた効果(場面フリー)なのか判然としない。
仮説
もし後者が優性であるならば,
3)どんな役割であれそれを「演じる」こと,またいくつかの役割を「演じ分ける」ことによるトレーニングが,社会不安傾向の軽減につながるかもしれない。
もし前者が優性であるならば,
4)演じ分けるトレーニングの前後で,社会不安傾向は変わらない。

さっき相談(卒論指導というらしい)に来たので。メモ。

質問紙調査と実験ができるといいなあ。「日常的演技度」を探るための質問紙,なんてあるといいけど。
それらしきものをご存じでしたらご教示ください。

|

« 本リスト更新 | Accueil | 修士論文構想発表・指導会 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/691809

Voici les sites qui parlent de 日常的演技度,演じ分ける能力:

« 本リスト更新 | Accueil | 修士論文構想発表・指導会 »