« 日常的演技度,演じ分ける能力 | Accueil | コタキナバルのシャングリラ・ラサ・リア? »

02 juin 2004

修士論文構想発表・指導会

午前中,朝9時から,修士課程2年生の学生さんたちの構想発表・指導会がありました。
発表者の8名のみなさん,お疲れさまでした。10月28日の中間発表・指導会を経て,来年1月18日(火)には全員提出されるように,奮闘を期待しております。

/Sat_Mochi MOBp040602_1240.jpg

私は担任なので,司会(タイムキーパー)をしておりました。
発表者に残り時間を知らせる第1鈴,発表時間終了を知らせる第2鈴,そして質疑応答時間の終了を知らせる第3鈴。写真の3連のタイマーにはホントお世話になってます。とっても便利で,お気に入りグッズです。3人の先生方に興味を持たれました。表示画面の上段・中段・下段に対応するように赤いボタンが横についていると,デザイン的にも(認知科学的にも)ほぼ完璧です。

この課程・コースの発表会は途中で2回あるのですが,すべて「指導会」です。これは,教育領域の伝統なのだろうと思われますが,これまでの私の経験からすると,その名称にはちょっとした文化の違い,違和感を感じます。でも,今日は大変身のある質疑で,「指導会」の名称にふさわしかったかな。

|

« 日常的演技度,演じ分ける能力 | Accueil | コタキナバルのシャングリラ・ラサ・リア? »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/697300

Voici les sites qui parlent de 修士論文構想発表・指導会:

« 日常的演技度,演じ分ける能力 | Accueil | コタキナバルのシャングリラ・ラサ・リア? »