« 部屋見学,される | Accueil | 認知的体験 »

30 juil. 2004

神経心理学の教科書

来週の集中講義の準備をしていてつくづく思っていること。
「心理学を学ぶ人たち用の,神経心理学のちゃんとした教科書は,ない」ということ。
別に和書に限らず,洋書でも状況は同じ。

神経心理学は私の第一の専門とするところなのですが,
patient-based(dependent)な研究をするので,網羅的に教えようとすると,個々の教える人の「強いところ,弱いところ」がでてきてしまう。それを補わないといけない。
たとえば僕は,それなりに「行為障害(失行や前頭葉性の)」や,感情や社会的認知や遂行機能(実行機能)について知っていることは多いけれども,言語関連,とくに失語は苦手。エピソード記憶の障害もちゃんと考えたり,症例検討したこともない。現象としては興味深い半側空間無視も,あのマニアックな(他の研究者たちの)研究にはついていけない。学会発表などで,失音楽などの演題には足も向かない。左右半球間の機能差に関する「強い」主張にはうんざりすることもある。

そんなわけで,先達の労作に目が向くわけですが,

どうしても,
一般向けの甘っちょろい,おいしいところだけつまみ食いの一般書風か,
医療関係者向けの,症状羅列的な教科書風か,
特定のトピックの総説(レビュー)の寄せ集めの,難しすぎる専門書風か,
三極化している。

誰か,体系的で,方法論や考え方もきちんと教えてくれる,
「心理学」的トピックに忠実な(心理学を学ぶ学生さんに有益な),
そんな教科書を書いてくれないかなぁ...
自分で書けばよいのだけれど...構想はあってもなかなか進まないし...
そもそも自分がそんな教育を受けていない。
理想(というか妄想)像。

講義の準備をしているので,おのずとそういう書籍をいろいろ見ていますが,
日本語で読める現時点でもっとも適切な(ちゃんとしていてわかりやすい)もの,
つまり上記のような目的に比較的沿っているものとして,
『高次脳機能障害学』石合純夫,医歯薬出版(2003),が最適でしょうか。

|

« 部屋見学,される | Accueil | 認知的体験 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

おりしも同僚から、「この本いいよ」と『高次脳機能障害学』を見せられたところだったので、
びっくりして書き込みしてしまいます。何たる偶然。
この本、たしかにレベルとかボリューム的によいですね。
古典と新しい知見のバランスも結構よいかと思われます。一家に一冊ですね。

Rédigé par: kob@kyoto | le 30 juil. 2004 à 15:28

偶然を操る男ですから。値段もね,比較的良心的だし。
僕が学び始めた頃には「黒本」(って呼んでたけど,某教祖様の)
しかほとんどなかったから,その頃に比べればレパートリーが増えて,
よいことです。
  それで,来週は東京3泊です(何年ぶりか)。
   改行はできないけど スペース は残るらしい,この枠。

Rédigé par: mochi | le 30 juil. 2004 à 15:59

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/1085352

Voici les sites qui parlent de 神経心理学の教科書:

« 部屋見学,される | Accueil | 認知的体験 »