« 考え中 | Accueil | 出遅れ »

20 août 2004

摂食障害-食物写真-脳活動

摂食障害患者を対象とした,symptom provocationによる脳活動のfMRI研究。
前頭前野あたりに。

摂食障害(ED)女性患者群26名(神経性大食症(BN)10名,神経性無食欲症(AN)16名)と
健常対照(NC)女性群19名に対し,
食物の写真と,(非食物の)情動的に不快な写真(←##この記事では省略##)を提示,脳活動を測定する。

1)BN・ANに共通する,すなわちEDに共通の脳活動を特定すること,
2)BNに特有な脳活動,ANに特有な脳活動をそれぞれ特定すること,が目的。

*symptom provocationとは,関連する刺激を提示して「症状を誘発する」という意味。

食物写真を提示したとき,
NC群では左前頭前野外側部(BA10,9),左頭頂葉(BA7,40),両側視覚野(BA17,18),両側小脳で活動増加,
ED群では帯状回前部(BA24,32),帯状回後部(BA23,29,30),左前頭前野眼窩部(BA11),左前頭前野外側部(BA10),右小脳に活動がみられた。
このうち,
帯状回前部と右小脳の活動はEDに共通して認められ,
前頭前野内側の活動はBNに強く,
前頭前野外側の活動はANにのみ認められた。

ANの病型である,制限型,むちゃ食い/排出型での比較では,
制限型において(NCとの比較),左前頭前野内側の活動が高く,
むちゃ食い/排出型において(NCとの比較),右側前頭前野眼窩外側部(BA47)および前頭前野眼窩前方部(BA10)の活動が高くみられた。
直接比較では,
むちゃ食い/排出型 > 制限型 の比較で,右前頭前野前方部(BA10),前頭前野眼窩外側部(BA47)に強い活動がみられたが,逆の 制限型 > むちゃ食い/排出型 の比較では,有意な活動クラスターなし。

##
かみくだいて説明すれば,

食物写真によって
1)摂食障害(どのタイプでも)では,前頭前野の内側~底面(眼窩部,帯状回前部)が強く活動してしまう
  ↑強迫性障害,嗜癖などと共通のメカニズム
2)神経性大食症では(非摂食障害者および制限型の神経性無食欲症者にくらべて),
  前頭前野外側~前方部の活動が低下している
  ↑「望ましくない行動を抑制する働き」が低下している

という結論。

BNをfMRI研究で対象とした,初めてのstudyであると,著者らは言ってます。

American Journal of Psychiatry 161(7): 1238-1246, July 2004.
Uher R, et al.
Medial Prefrontal Cortex Activity Associated with Symptom Provocation in Eating Disorders.

Journal's abstract

|

« 考え中 | Accueil | 出遅れ »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/1234902

Voici les sites qui parlent de 摂食障害-食物写真-脳活動:

« 考え中 | Accueil | 出遅れ »