« 限定的?新規投稿不可現象 | Accueil | ゆえあって »

25 août 2004

頭が大きいと賢い?の科学

頭が大きいと賢いのか,というフツーな疑問に科学的に答える。

上の疑問が正しいのなら,
賢い人は頭が大きい傾向がある,または,頭の大きい人は賢い傾向がある,
みたいなことになり,かなり偽科学的な感じ。
そこで,もう少し科学的な検証に耐えうるリサーチ・クエスチョン,
→「脳の部位別体積と知能指数の相関関係を検討する」にして検討された。

2つのサンプル,総計47名(男性27名,女性20名)の,
個々人の脳MRI画像から,脳部位の体積を測定し(voxel-based morphometry),
WAISの総合IQ(FSIQ)との相関を求めた。

有意な正の相関がみられた(脳部位体積が大きいとIQが高い傾向にある)部位は,
前頭葉(Brodmann:BA10, 46, 9),側頭葉(BA21, 37, 22, 42),頭頂葉(BA43, 3),
および後頭葉(BA19)の灰白質(神経細胞体の存在している部位;脳表付近),
頭頂葉BA39に近い白質(神経細胞体の存在しない大脳のより深部)であった。
これらの領域のデータで,IQのばらつきを73%の説明率で予測することができた。
また,有意な負の相関(大きいとIQが低い)部位はみられなかった。


##
従来の研究で,前頭葉の活動とIQの関係を検討したものはあったが,脳部位の体積,
前頭葉以外の関与,さらに白質と呼ばれる部分にも注目している点は面白い。


結局のところ,小ネタとして使える(かもしれない)解答は,

「頭が大きいと賢い,というのはあいまいです。
脳の特定部分の体積と知能指数には正の相関がある,
つまり
賢いとその部分が大きい
または
その部分が大きければ賢い
ってこと」
といったところでしょうか。

Brodmannの脳地図は,自分で本とかネットで調べてください。
BA43ってのは,レアな感じ。


NeuroImage 23(1): 425-433, 2004.
Haier RJ et al.
Structural brain variation and general intelligence.
IQ; Brain volume; Morphometry

Journal's abstract

|

« 限定的?新規投稿不可現象 | Accueil | ゆえあって »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

Commentaires

ついでのコメントを。

言語に関係する脳領域の一部である側頭平面という場所の(たしか上面)左右の面積を比較すると左の方が大きい,というデータを,かつて,だいぶ前に出した人たちがいました。
だから
言語は左半球優位なんだ
という論旨展開。

なんか似てるなと思って。
その研究を知った当時大学院生だった私には,「大きければ優位」という論理がさっぱりわからなかった(今でも疑問だ;大きい=神経細胞数が多い=情報処理量が多いということらしいのだが,何か正しくない気がしてならない)

そう考えると,あまりみるべき論文ではないのかもしれない,
と思えてきた。

Rédigé par: mochi(セルフコメント) | le 26 août 2004 à 16:25

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/1277045

Voici les sites qui parlent de 頭が大きいと賢い?の科学:

« 限定的?新規投稿不可現象 | Accueil | ゆえあって »