« 授業のない日 | Accueil | 左手の失行 »

13 sept. 2004

総合科目心を考える2-2

知覚・認知(視覚)の講義。
「わかる」に到達する前に終了のチャイムが...
きっと「わからない」まま,終わってしまった

(...ありがちな展開ですね)。

知覚・認知を導入として始めにもってくると良い点は,
ブラックボックスの入り口だから,というのはもちろんですが,
脳の
(1)[段階的・階層的処理]というしくみと,
(2)[カテゴリカルな・分業的処理]というしくみ,を教えやすいからです。

そんなわけで,
(1)は,感覚→知覚→認知とか,
  V1からスタートして超複雑な視覚関連領域の階層図に至るまでのプロセス,
  あるいは失認における統覚型・連合型(さらには意味記憶障害や視覚性失語まで) 。

(2)は,感覚レベルでは視覚・聴覚・体性感覚などのモダリティごと,
  (視覚の)知覚レベルでは形・位置・色・動きなど,
  認知レベルでは,物品・顔・建物や風景・文字など。

いかんせん尻切れトンボでした。次回は,続きをもう少しする必要があるな。

***

出席票は199枚提出され,コメントの記されたものは29枚でした。いくつかピックアップして答えましょう。

>鍵の絵を見てふくろうと答えた患者は,ふくろうの絵を見てなんと言ったのか知りたい
#残念ながらその報告に,そのような検査をしたという記載がないのでわからない」(でも興味深いですね)

>方向音痴(や人の顔をなかなか覚えられないこと)も失認症のひとつなのかと思った。
#全くできないというならそうといってよい。
 「苦手」という意味なら,これらにはもともと「個人差」があるわけで,
 その「個人差」は脳の活動量?パターン?の違いを反映している可能性がある
 ちなみに,道を覚えることが仕事の(ロンドンの)タクシードライバーは,
 そのために使用する脳の体積が大きい,というデータがかつて示されています。

>失認のような認知障害は治療できますか?
#病気やけがの前のレベルに,そして以前とまったくかわりなくこれらが「回復する」のは難しい。
 薬物や外科的治療で「治る」ことはほとんどない。ではどうしたら良いか?
 最近では認知リハビリテーションと呼ばれる治療法が開発されるようになってきました。
 直接障害を「治療する」ことのみでなく,失われていない機能を援用して障害を代償させる,
 補助具を用いたり(たとえば記憶障害があるなら,手帳や携帯電話などを有効に使う)などが行われています。

>動きの知覚の障害の人は実在するか?どうやって生活しているのか?
#いますよ。Cerebral akinetopsia とかvisual motion blindnessとか呼ばれて報告されています。
 ここなど参照(英語です)。

>情報学類の「視覚情報処理」でやってしまっていたので,寝てしまいました。
#たしかに,そういうときは寝ていてよいと思います。
 でも情報学類の授業では,「失認」は扱われないだろうと,思いますがいかがですか。

|

« 授業のない日 | Accueil | 左手の失行 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/1425517

Voici les sites qui parlent de 総合科目心を考える2-2:

« 授業のない日 | Accueil | 左手の失行 »