« 臨床心理学特講-4 | Accueil | THE BLANK SLATE »

07 oct. 2004

臨床心理学演習I(学類)2-4

心配が持続するのはどうしてか?

 → 公開しました(2004.10.12)

今日は田坂さんの担当で,

Behav Res Ther 41(2003): 495-503.
Startup HM & Davey GCL.
Inflated responsibility and the use of stop rules for catastrophic worrying.
でした。

この論文を読むのは,先行研究を読まないと難しい。

破局的な"心配"(worrying)は,全般性不安障害に特徴的にみられる。
このような人々にみられる,
心配が次から次へと続くこと,よりネガティブな内容になっていくこと(破局化)はなぜ起こるのか?
(逆に言うと,なぜ「止まらない」のか)

著者ら(2001)による仮説(mood-as-input hypothesis)の概略は,たぶんこんな感じ。

 心配性の人はネガティブな気分状態 心配の停止に「厳格なルール」を保持
  ↓        ↓             ↓
  ↓      「自分が心配していることについて,その問題をうまく解決できるか」問い続ける
  ↓        ↓
 問題を解決できていない,なぜならまだネガティブな気分だから(気分を入力情報として利用
 もっと考えることによって("as many as can" stop rule),問題は解決するだろう
      ↓
 もっと考える=心配,が止まらない

 # ちなみにこの仮説は,先行研究においてmood-congruency hypothesisに対置されている。


 今回の論文では,上記のmood-as-input仮説,および"as many as can"停止ルールと,
「膨張した責任感inflated responsibility」との関連を検討している。
(# inflatedの定訳はあるのだろうか?インフレってことなのだが)

実験1では,特性的な責任感の強さによって,
実験2では,責任感を実験的に操作して,心配のプロセスの持続を測定した。
すべての被験者は事前に,状態気分,心配特性(PSWQ)および責任感質問紙(RQ)に答えた。

両実験に共通して,
心配そのものは,「主要な心配」群(本人の気がかりなことを心配させる)と,
「仮説的な心配」群(「あなたが自由の女神だったら,という状況設定で心配させる)がある。

 ↓ あなたが自由の女神だったら何が心配ですか (実験者)
「頭の周りを大勢の人が歩いていること」       (被験者)
 ↓ それの何が心配ですか
「重さに耐えきれず,崩れ落ちそう」
 ↓ それの何が心配ですか
 などなどと,
被験者が「もうおしまい」というまで続ける。
この心配の「回数」,心配の持続数を記録する。

実験1の結果。
・心配回数を従属変数とする,特性心配(高・低)×心配トピック(主要・仮説)の二要因分散分析で,
  → 特性心配が高いほど心配回数が多い
・責任感質問紙の結果を従属変数とする同様の分析でも,
  → 特性心配が高いほど,責任感を強く感じる

実験2では,気分状態を音楽によって誘導し(ポジティブ・ニュートラル・ネガティブ),
責任感の程度を実験的に操作した(高責任・低責任)。
結果。
・気分状態の主効果 → ネガティブ気分で心配回数多い
 責任感×気分の交互作用有意
  → ネガティブ気分では,高責任感条件で心配回数多い
    ポジティブ気分では,低責任感条件で心配回数多い


結論?

たしかに,膨張した責任感と心配の持続は関連があるが,

心配特性が高い人→膨張した責任感→心配持続 (実験1),

ダイレクトではないかもしれない,気分状態に左右されるから。
(つまり責任感×ネガティブ気分,が心配を持続させる)。

膨張した責任感→心配持続 (実験2)
          ↑促進 
      ネガティブ気分

###

・読解が,やっかい。

・ポジティブ気分では低責任感条件で心配の回数が増えた。これは"feel like continuing"ルールと
 名付けられている。

|

« 臨床心理学特講-4 | Accueil | THE BLANK SLATE »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 臨床心理学特講-4 | Accueil | THE BLANK SLATE »