« 臨床心理学特講-5 | Accueil | 性格心理学II-6 »

28 oct. 2004

臨床心理学演習I(学類)2-5

「赤面してますよ」または「全然赤くなってませんね」といった言葉を聞くと,
赤面の状態や本人の思う「赤面度」「気まずさ」は変化するのか?

詳細は
書きました(2004.11.4)

今日は新倉さんの担当で,

Behav Res Ther 41(2003): 413-425.
Drummond PD et al..
The impact of verbal feedback about blushing on social discomfort and
facial blood flow during embarrassing tasks.

でした。

結論としては,
「赤面しやすいと思っている」人が「赤面している」と言われると,より赤面度・気まずさが増大する。

関係ない今日の教訓としては,
 ・「朗読するように歌うと赤面しにくい」
 ・「歌うように朗読すると,ちょいと赤面する」
今後の課題としては,
 ・「歌詞を朗読するのは歌うことよりも恥ずかしいか」心理学的に解明することです(笑)。

---

(続)

赤面している,もしくは赤面していないという言語的なフィードバックが,
赤面可能性の認知に影響を与えるか

言語的なフィードバックが,顔面血流量の変化に効果を持つか,が検討目的。

被験者は,「赤面傾向尺度」得点の高い群(H)および低い群(L)各28名。
課題は,
歌う→自己評価(気まずさ・赤面の程度)→言語的フィードバック
  →自分の歌の録音を聞く→自己評価→言語的フィードバック
  →朗読する→自己評価→言語的フィードバック
  →自分の朗読の録音を聞く→自己評価→言語的フィードバック

歌→朗読の順か,朗読→歌の順かは被験者間でカウンターバランス。
言語的フィードバックは,「赤面している」「していない」のいずれか。

要因は,被験者間で
 赤面傾向
 課題の順番
 フィードバック

結果
顔面血流量:
もともと赤面傾向の高い人が,「赤面している」と言われると,血流量が増加(=実際赤くなる)

自己評価(気まずさ・赤面状態):
 歌を歌うとき
  もともと赤面傾向の高い人は気まずさ・赤面を感じており,
  「赤面している」と言われると,その度合いが上昇する

 録音された歌を聞くとき
  ・もともと赤面傾向の高い人はフィードバックの種類に関係なく気まずさを感じ,
   赤面傾向の低い人は,「赤面している」と言われたときには,気まずさを感じる
  ・赤面に関する自己評価は,もともと赤面傾向の高い人,
   「赤面している」といわれた時には上昇
   
 朗読するとき
  気まずくなく,赤面していない)

 朗読の録音を聞くとき
  「赤面している」といわれると,気まずさ・赤面を感じる


要約すると,

もともと自分で「自分は顔が赤くなりやすい」と思っている人が,
「顔が赤いね」などと言われると,気まずさや実際の赤面を感じることになる。

もともとの「赤面傾向」の高低は,「言語的フィードバック」の赤面している/いない
の効果と類似していることから,自分で顔が赤くなりやすいと思っている人は,
過去に受けたそういったフィードバックの経験に由来しているのだろう。

赤くなる,と思っているから顔が赤くなる,
これは一種の自己成就予言(self-fulfilling prophecy)です。

|

« 臨床心理学特講-5 | Accueil | 性格心理学II-6 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 臨床心理学特講-5 | Accueil | 性格心理学II-6 »