« septembre 2004 | Accueil | novembre 2004 »

33 posts pour la période octobre 2004

30 oct. 2004

10000

本日さきほど累計10,000アクセスを超えておりました。
私の脳と心の状態と日常のさまざまをお伝えしているわけですが,
私の脳と心の状態と日常のさまざまは,
皆様に何か影響を与えておりますでしょうか,ねぇ。

| | Commentaires (1)

29 oct. 2004

性格心理学II-6

説得的コミュニケーション(続)
および
適性とは何か。

板書しながら,しゃべりながら,説明できる程度の内容を思い出してくる...
見ているだけではダメみたい。

教えることは学ぶこと,ではなく,
教えながら学んでいる,だな。

| | Commentaires (0)

28 oct. 2004

臨床心理学演習I(学類)2-5

「赤面してますよ」または「全然赤くなってませんね」といった言葉を聞くと,
赤面の状態や本人の思う「赤面度」「気まずさ」は変化するのか?

詳細は
書きました(2004.11.4)

Lire la suite "臨床心理学演習I(学類)2-5"

| | Commentaires (0)

臨床心理学特講-5

松田さん,
3章,記憶。記憶バイアス。

選択的記憶。
 心理的障害を持つ人がcurrent concernに関連した情報を選択的に記憶する

「過度に一般化された」(overgeneral)記憶。
 specific memoryのの検索困難?

このように報告される「記憶バイアス」の成立過程についてディスカッションがありました。

ま,半分くらいの人たちは眠そうでしたけど。
得るところがない,と思っているだろう人がいるのも,了解可能な範囲ですわ。


 

| | Commentaires (0)

臨床心理学演習(MC)2-5

児童生徒に対する認知行動療法は,
これまで報告が少ない
発達的視点を取り入れる必要性?
認知プロセスの変化を査定する,特に認知変数のpre-post-
「児童生徒」という特徴

| | Commentaires (0)

修士論文中間発表・指導会

9時から始まり,11時10分頃まで。8名。

司会進行役なので,昨日より控えめでした。

Lire la suite "修士論文中間発表・指導会"

| | Commentaires (0)

27 oct. 2004

卒業研究中間発表会

10時から始まり,途中休憩をはさんで15時30分頃まで。21名。

教員として,「意見」やら「コメント」やらをしなくてはいけないのですが(「役割」),
その責務を演技的に果たしました。

Lire la suite "卒業研究中間発表会"

| | Commentaires (0)

26 oct. 2004

アクセス数増加,その理由は

ここ数日,いつもの2倍弱のアクセス数です。
これ
あるいは
それ
です。

<これ>できた方へ
私はその筋の専門家でもなんでもありません。
でも,漢字熟語を4つならべて検索するとたしかに上位に表示されてる...
「検索している」くらいなんですから,
自分のがどうだったのかぜひ教えてください~

<それ>できた方へ
なぞなぞにチャレンジしてください。コメントも見よ。

| | Commentaires (3)

25 oct. 2004

総合科目心を考える2-7

行為のコントロール(続)。
到達運動と把握運動(reachingとgrasping)。運動前野と補足運動野の違い。
失行症。道具の強迫的使用など前頭葉性行為障害。

脳の側性化。
「右脳」と「左脳」。脳梁損傷による障害,一側性半球損傷による障害。

まにあっくな日(特に前半)

コメントも追加しました

Lire la suite "総合科目心を考える2-7"

| | Commentaires (0)

24 oct. 2004

4-3-4

昨日の地震,ここつくばでも震度4が2回ありました。

予知しませんでした(電波時計は狂いませんでした)

| | Commentaires (0)

23 oct. 2004

反社会学

いやあ,面白かったです,この本
アカデミック風パロディとでもいおうか,知的エンターテイメントだそうですが,
この感じにことさら弱いらしいです,私は。
<第1回>がとくにね。

本(論文でなく!!)に限らず,
テレビや新聞の見方も変わります(影響受けます)。
視点の相対化という意識を持てということだと思います。

でもまあ,社会学に限らず,どんな○○学にもこの手の事柄ってあると思うけどな。

誰か社会学者が「反反社会学」書かないと,
社会学の社会的立場が低落したままになってしまうのでは。
実証的に反論していただきたい。
中身はもちろん,手法も込みで固唾をのんで見守りたいです(自分はけっして社会学者ではないので)。

| | Commentaires (0)

22 oct. 2004

性格心理学II-5

コミュニケーション(続)。
自己開示,
説得的コミュニケーション。

どうも「性格心理学」というよりも,「社会心理学」しているような気分です。
『グラフィック社会心理学』に大変お世話になっています。

今日は遅刻しなかったのだが...

| | Commentaires (0)

21 oct. 2004

大学院って?

何をするべきところか,ご存じでしょうか,受験生のみなさん。
教員はどういうことを求めているとお思いでしょうか。

 口述試験/面接をする側としては「NGワード」的なものがあるんですよ。
 第1行目を勘違いしている人は,すぐ,手に取るようにわかります。

大学院に進学したい方々は,激しく,熟考されることを望みます。

 ###

大学院の入試は,ほんとうに,ほんとうに,学部の入試より疲れます。

なぞなぞ 「では NGワード はいったい何でしょうか」

| | Commentaires (7)

20 oct. 2004

ひとさまのお話をうかがう&ひとさまの未来を動かす

この時期。
各種発表会(今週は,心理学研究法前期発表会,博士課程中間論文中間発表会,来週は
卒論中間発表会,修士課程中間指導会)があり,アクティブにひとさまのお話をうかがい,

さらに

今週は修士課程の入試があり,試験は明日明後日だが,既に今日からスタートしている。
受験生のみなさんの能力,というのが前提ですが,
入試を実施する側としては,ひとさまの未来に(たぶん大きな)影響を及ぼすことですから,
緊張します。

そんなことで,自由時間が少ない/システムがビジー状態です。
(他にもいろいろとな)

| | Commentaires (0)

18 oct. 2004

総合科目心を考える2-6

栄養ドリンクを飲んでの講義(昨日から咳が出て熱っぽい)。

言語(続)-読みと書き,文法,プロソディ。
行為-一次運動野のpopulation vector仮説。

Lire la suite "総合科目心を考える2-6"

| | Commentaires (0)

復旧しました

停電も断水も終了。
メールも送受信可となりました。

| | Commentaires (0)

15 oct. 2004

停電と断水と告知

地震か台風の影響みたいに思われましたか?
そうではなく,
勤務先の明日・明後日の予定です。

こくち
@human.tsukuba.ac.jpメールはサーバダウンのため,送受信不可です。
もうすでに~月曜の午前まで。
電話やFAXもアウト(これはラッキー)。

| | Commentaires (0)

性格心理学II-4

コミュニケーション(と性格)。
非言語的なコミュニケーションとしての,近言語,身体言語,プロクセミクスなど。

朝,いつも電車に乗り遅れたうえに
その次の電車(20分以上待ち!!なんという田舎)がさらに7分ほど遅れていて,
完全なる遅刻。
この非常勤では初めての経験
(昔,下北沢から相模大野に通っていた時は,バスの遅れで何度かしていたが)。

どうも,すいません。

| | Commentaires (0)

14 oct. 2004

今日は「火曜日」

大学の授業日としては。
各曜日の授業回数を一定にそろえる目的で,数年前からこうなっている。

通常,火曜日は授業がない日,かつ,
いつも木曜が忙しいので,とてもトクした気分。

| | Commentaires (0)

13 oct. 2004

学内出張中/待機中

...という気分。
旧・研究室に「待機」です。
会議と会議の谷間。次の会議がいつから始まるのか不明。

論文でも読みますかね。

| | Commentaires (0)

12 oct. 2004

善光寺

連休中に,ちょっと行ってきました。
長野市にあります(知ってるよね?)

まさかホームページがあるとは。

Lire la suite "善光寺"

| | Commentaires (0)

08 oct. 2004

性格心理学II-3

人間関係と性格の第2回。
友人関係,上司-部下関係など。
対人認知の歪み,暗黙の人格理論。

チャイムと同時に教室に行ったら,誰もいなかった...
15分くらいしたら,ひとりやって来た(その後ぞろぞろと)。
 先生が来なくて自然休講というのは(自分が学生の時に)何度か経験があるが,
 学生が来なくて自然休講は,まだ1度しか経験していない(けっこう悲壮な気分ですよ,これは!!)。
今日2度目を味わうことなく授業が成立して,正直ほっとしました。
しかしまあ,
これから冬に向かうし,1限だし,何度かありそうだな,このパターン。

| | Commentaires (0)

グリーンレーザーポインター

購入しました。次回の講義から使用しようと思っています。
赤色のレーザーポインター,見えにくくありませんか...すべての人に見やすくなるはずです。

色といえば
このサイトは,実にためになります。
パワーポイントなどを使ったプレゼンテーションで発表されることがある方々へ,
無意味に背景に色や模様やデザインをつけていたり,必要以上に「カラフル」なのは,
その形容詞の通り,無意味で不要なことだと,私は思っています。

| | Commentaires (2)

THE BLANK SLATE

読みました,もちろん日本語版で。

表題も『ブランクスレート』にしたら良かったのに...
あの日本語タイトル(本題のほう)は,古典的哲学書/倫理学書チックでいやだ。
(ついでにいうと,(下)の帯も営業的にすぎていやだ・買うのを一瞬ためらわせるな)

Lire la suite "THE BLANK SLATE"

| | Commentaires (0)

07 oct. 2004

臨床心理学演習I(学類)2-4

心配が持続するのはどうしてか?

 → 公開しました(2004.10.12)

Lire la suite "臨床心理学演習I(学類)2-4"

| | Commentaires (0)

臨床心理学特講-4

高岸さん,6章の"Behaviour"後半。
逃避と回避,安全希求行動などを,
不安障害以外の障害で確認。

Definite transdiagnostic processは,顕在的な回避行動と安全希求行動,
Possible transdiagnostic processは,安全信号です。

結局安全行動は減らすべきなのかその必要はないのか,については,玉虫色の決着。

acceptance and commitment therapyが紹介されていてちょっと関心があります。

(中身知らないと,意味不明だな,この文章...)

| | Commentaires (0)

臨床心理学演習(MC)2-4

先週2-3の記事を書いていなかった...今気づいた。

先週~今週,CBTの歴史や特徴などを概観しています(ふりかえり)。

これまでの具体的な話しとは違って,抽象的な話しなので,なかなか進みません。

| | Commentaires (0)

電波時計で地震を予知?

昨日,腕時計の電波時計がなぜか5分早くずれていました。

Lire la suite "電波時計で地震を予知?"

| | Commentaires (5)

地震のツメアト

オフィスの被害はこれだけでした。
開けっ放しで帰ったわけではありません(笑)

/Sat_Mochi~MOBp041007_0947.jpg

| | Commentaires (0)

06 oct. 2004

○○費△△金申請率向上のための説明会

そういうシーズンなので,そういう会がありました。
特に今年は,力が入っています,大学として。
1時間半。

純粋に楽しめました。
 今年と来年は約束されているから。
 重複応募の制限があるから。
 代表者として出せる種目はかなり限定的。
今の種目の研究をするのはもちろんですが,来年の申請に向けて計画を練ろう。

| | Commentaires (0)

05 oct. 2004

PC-98noteNS/R

というMS-DOSの(Windowsではない)パソコン,
必要に迫られて(迫られなければ動かさないでしょ,ふつう)動かしたい。
1年ぶりくらいに。
刺激提示・反応測定用実験装置なんです。

でも
A:\>
「このあとどうするんだっけ?」
ファイラの名前と,それを起動するコマンドをどうしても思い出せず,
妻と悪戦苦闘。
手続き記憶化されていなかった。

「エコロジー」 ec だった。
ネットで調べてもなかなかヒットせず。
はじめの一歩を踏み出すまでに,1時間以上かかった。

メモとか残しておいてくれよ~

| | Commentaires (1)

04 oct. 2004

総合科目心を考える2-5

記憶(続)-意味記憶,手続き記憶,健忘。
言語-失語,失読(のさわり)。

Lire la suite "総合科目心を考える2-5"

| | Commentaires (0)

01 oct. 2004

性格心理学II-2

人間関係と性格。
対人魅力,類似説・相補説,社会的望ましさ,恋愛関係など。

先学期にくらべると,少し「実生活」的な内容なので,魅力的か。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« septembre 2004 | Accueil | novembre 2004 »