« 臨床心理学特講-6 | Accueil | 性格心理学II-7 »

06 nov. 2004

臨床心理学演習I(学類)2-6

自分自身を,あたかも他の人の視点から見ているような視点で捉える
(観察者視点observer perspective)ことと,社会不安・社会恐怖との関連がすでに指摘されている。


しかし明示的に「観察者視点を取ること」を教示された場合,もともと社会不安傾向の高い人・低い人の
不安の程度やパフォーマンスがどのように影響を受けるかは検討されていない。

そこで実験的に,観察者視点条件と,非観察者視点である現場視点(field perspective)条件を設定し,
社会不安高群と低群の比較を行った。

...という論文。

担当は泉水さんで,

Behav Res Ther 41(2003): 1009-1028.
Spurr JM & Stopa L.
The observer perspective: effects on social anxiety and performance.でした。

結論としては,
どちらの群も,観察者視点を取ると
 ネガティブ思考が増大し,安全行動が見られ,パフォーマンスの自己評価が低くなった。

つまり「こんな風に見られているんだろうな」とイメージする/考えることが,不安を増すことになる。
それよりは,聴衆をしっかり,穴のあくほど見ている方が不安を感じない,ということ。

もともと「あがらない」と思っている人でも,観察者視点を取らせると「不安になる」というところが,
面白い・不思議。

詳細はそのうち。

|

« 臨床心理学特講-6 | Accueil | 性格心理学II-7 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 臨床心理学特講-6 | Accueil | 性格心理学II-7 »