« 臨床心理学特講-8 | Accueil | 性格心理学II-9 »

18 nov. 2004

臨床心理学演習I(学類)2-8

予期不安(電気刺激が与えられるかも)中に
不安思考を抑制すると,

抑制中,および抑制後に

不安思考の生起頻度とその持続時間,
自己報告による不安の程度

はどうなるだろうか。


※今回で実験的研究はおしまい。
 次学期は質問紙調査系の研究論文を読みます。

担当は徳毛さんで,

Behav Res Ther 41(2003): 1113-20.
Koster EHW et al.
The paradoxical effects of suppressing anxious thoughts during imminent threat.
でした。

思考抑制の先行研究では,この"逆説的効果"
(不安思考抑制中や抑制後に,ターゲットとなっていた思考が増大する)についての結果がまちまち。
どういうときに起こりやすいのか(または起こりにくい)といったcritical要因の検討が必要である。

不安状態は逆説的効果を導くのではないか,との仮説に基づく実験。

 抑制中: 自己報告不安→ 思考頻度→ 思考継続時間↓
 抑制後: 自己報告不安↑ 思考頻度↑ 思考継続時間→


秋休み中に,2-6~2-8,充実させます(させたい)。

来年度のシラバスをそろそろ作成中ですが,
基本的にこの演習のスタイルをそのまま継続させようと思います。
 ご意見あれば...と聞いてみたのですが,ないらしいのでね。

|

« 臨床心理学特講-8 | Accueil | 性格心理学II-9 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 臨床心理学特講-8 | Accueil | 性格心理学II-9 »