« 2学期講義終了 | Accueil | 臨床心理学演習(MC)2-7 »

18 nov. 2004

心理臨床に必要な神経心理学的知識

「心理臨床の実際」という授業の一講義。

こっちが知りたいくらいだが...

1. 他者のふるまいや心理を,脳のしくみで説明する視点がある

2. 「心」をうみだすのは脳である

3. 神経心理学は,脳と心の対応関係(not因果関係)を研究している

4. 心はいくつかの「モジュール」からなる複合体である

5. 脳もまた,いくつかのモジュールからなるネットワークである

6. (4.5.から)単一モジュールが選択的にダメージを受ける場合がある

7. 単純な並列ではなく,階層性も有している(低次入力→高次→低次入力)

8. 心理臨床で問題とされそうなのは,比較的高次な連合野の機能である

9. 脳損傷の影響で,直接的にand/or間接的に心理的困難を引き起こすことがある

10. アセスメント→見立て→介入・援助,という一般的な心理臨床の流れと同様に,
  神経心理学検査→メカニズム→認知リハビリテーション,という流れがある

11.(脳の損傷がない場合でも) 「個人差」は脳-心ネットワークの違い
  (モジュールの活動量か,複数モジュール間の結合の程度など)を反映している
  かもしれない

12.いまどき,「脳(生物学的な・神経科学的なこと)はちょっと...」などと敬遠していられない
  かもしれない

|

« 2学期講義終了 | Accueil | 臨床心理学演習(MC)2-7 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 2学期講義終了 | Accueil | 臨床心理学演習(MC)2-7 »