« novembre 2004 | Accueil | janvier 2005 »

40 posts pour la période décembre 2004

30 déc. 2004

青空白雪

昨日は雪中行で帰省。今日はよい天気。
/Sat_Mochi~MOBp041230_105900.jpg

| | Commentaires (0)

28 déc. 2004

娘にとっては

楽しい部屋のようです,大学の私の部屋。
 ホワイトボードとか,
 「紙を食べる」シュレッダーとか,
 好きなだけ裏紙使ってお絵かきできるとか。
今日は子連れで大学。

自分に限らずこの時期に限らず,
いつもそういう,ゆとり,いや,
少なくとも子どもが来ていることが日常的な光景であると
よいのだけれど。


/Sat_Mochi~MOBp041228_1436.jpg

昔,小学校の頃,母さんの職場の電話局に,よく行ってた/連れて行かれてたなぁ。
タイプライターで遊ぶのが楽しかった思い出が。

| | Commentaires (0)

『論理表現のレッスン』

早稲田大学の福澤一吉先生から,今日頂きました。ありがとうございます。

『議論のレッスン』に続く,第2段。
NHK新書。
1月刊。

Lire la suite "『論理表現のレッスン』"

| | Commentaires (1)

27 déc. 2004

年齢

「自分は何歳なのか,正確には」

新しい手帳の「年齢早見表」がちらっと見えたとき,
一瞬考えてしまった。うーん...

長谷川式簡易知能評価スケール的には正解でした。
(2年までの誤差は正解になります)

| | Commentaires (3)

25 déc. 2004

諫早へ出張予定

1月9日に,依頼されたレクチャーのため出張予定。
1時間30分程度の内容を構成しなくては。
テーマが広めの設定なので,逆にそのぶん自由度が高く,
構想~準備が難しかったりします。

実は初の九州上陸なのです。

 大学2年?のとき,「夏休み一緒に"壱岐"へ行こう」と誘われたが行かず,
 福岡で学会のあった年は,ちょうど娘の生まれるタイミングで行かず。

でも,さっと行ってさっと帰ってくる予定。観光はほとんどしないだろう。
帰省ラッシュ二次と重なるだろうし(実際飛行機のチケット取りは大変らしい)。

| | Commentaires (0)

脳系論文

を読みたがっている方へ。

年末年始に在庫一掃させる予定。
年明けに,いくつかは記事化できるかも。

| | Commentaires (0)

24 déc. 2004

クリスマス,年末

学生さんが持ってきてくれたクリスマスケーキを食す。
ごちそうさまです。

「サンタは煙突からやってくる」ことになってますが,最近のおこさまたちは
どこから家に入ってくるとイメージするんだろう。
ベランダ?それじゃ泥棒と一緒じゃん!
みたいな。


実はその前に,クイックルワイパー旧タイプで部屋の床掃除。
(昨日ジャスコで新タイプを見たが,たしかに柄が強固になっていた)
ドライタイプの後に,ウェットタイプという二段階作戦です。


今日は授業はなく,ゆったりすっかり年の瀬モード。
しかし,あれもしなくちゃこれもしなくちゃ,でもあります。

| | Commentaires (0)

23 déc. 2004

来年度の卒業研究(続)

私のところバージョン。
こっそりと募集,そして予防線を張ることにしよう。


相談に来る前に ここ を見てください。
表玄関からも)

相談時には,テーマと卒業後の進路の希望についてうかがいます。


このblog内では,
・臨床心理学演習I(学類)
・臨床心理学特講
の記事が参考になると思います。
そういう人,そういう内容・考え方/そういうやり方を希望しています。


他の先生方はあまりこういう内容は興味がない/メインに扱わないのではないかと。
ある意味では,差別化(ブランド化)ということか。

| | Commentaires (0)

22 déc. 2004

臨床心理学演習I(学類)3-4

思考抑制とストレスの組み合わせは,
抑うつ的な反すうを促進する,
ということの縦断的研究。

最近「(続き)」が遅延傾向ですが。
なんとかしたいものです。

Lire la suite "臨床心理学演習I(学類)3-4"

| | Commentaires (0)

心理学I・II(ストレス)-2

ストレスに対する心理的反応

ストレスに対する生理的反応。

終わらなかった...
次回は「免疫」のあたりから。
一ヶ月後。

| | Commentaires (0)

ミス

先学期の成績で,学生さんからの問い合わせで1件ミスを発見。
足し算していない項目があった...
(他に1件問い合わせがあったが,そちらはミスはなかった)。
実は成績を訂正するのは,教員になって(=生まれて)初めての経験。

さっそく学務で訂正の申告をする。

他にも「そりゃおかしいだろ」と思われる方がもしいたら,
遠慮なくお問い合わせください。

| | Commentaires (0)

20 déc. 2004

人間研究の方法(心理学)-C

今日は快調に実習を進める。

内容は,先週と同じ
(というか,昨年,一昨年と一緒)。
都合12回目。

ほとんど自動運転。

Lire la suite "人間研究の方法(心理学)-C"

| | Commentaires (0)

17 déc. 2004

心理学I・II(ストレス)-1

ストレス研究の全体像の絵を描き,
理論
ストレッサーの特徴
などについて,書く&しゃべる。

Lire la suite "心理学I・II(ストレス)-1"

| | Commentaires (0)

性格心理学II-12

性格の変化(続)。

心理療法による治療的変化。
克服的変化。

ロジャースの,相関を出している研究があるなんて。
(治療前,中,後の,(現実)自己と理想自己それぞれの値をとって,相関を検討)
ちょっとした驚き。

年内は終了。1月に2回+試験。

| | Commentaires (0)

16 déc. 2004

ストレス

ああ、明日はいたいけな1年生に
(心理学的)ストレスの講義。
「心理学理論では、『ストレス』はタマらないんだよ[蓄積しない]~」とか
教えてさしあげたりするわけです。
明日を含めて3回。

黒板書きまくりしゃべりまくりの講義になるであろう
(ほんとは、パワポ使ってたんたんとやるより、そういうのが好き)

自分って「なに心理学」の先生なんだろう。
そもそも世を忍ぶ仮の姿かもしれない、そしてそうであることを望んでもいるような。
 院生の頃までは、本気で「心理学のヒト」と言われるのをあれほど毛嫌いしていたのに。
 「心理学会」で会うと「なんでいるの?」という顔もされるけど。

講師になってからというもの、
ホント<自己概念が高度に分化して>ストレスに強くなりました。

| | Commentaires (0)

臨床心理学演習I(学類)3-3

自己複雑性(自分についての概念の分化度)が高いと、
ストレスを強く感じたときにその効果を弱める(緩衝効果がある)
という理論がある。
それを追試する、という論文。

めちゃ難しい。
先行研究と類似した結果は得られたけど、理論が違うんだ!!みたいな

| | Commentaires (0)

15 déc. 2004

本年度卒論指導終了(95%)

さっき残るひとりにもGOサインを出して,
明日はゆとりをもって一日が過ごせそうです。明日が締切。

タイトル通りです。95%ですから,significantly終了したと言えます。
残り5%は,1月下旬の発表会へ向けての指導です。
 パワーポイント使うなら。
 アニメーション使うなとか,背景は白or黒とかの形式面の指導と,
 何をどうしゃべるかについての内容に関わるコメント。
まあでも,年明けてからの仕事。


結局,薬を飲み続けながら休まずに毎日してました。

来年度の方用の「こんな人はこちらへどうぞ,あんな人はあちらへどうぞ」を
作ってみようかしら。2人くらい,来てくれるといいけどな。

| | Commentaires (0)

来年度の卒業研究

まだ今年度のが終わっていないのにねぇ。

現3年生の担任なので,もうその準備に入っています。
主専攻全体のお世話係(のひとり)です。

心理学主専攻では例年,面談して「ハンコ」もらってメデタシメデタシ,
という方法が続いておりましたが,
今回は少し変更があります。

来週20日(月)から用紙の配布開始(学類事務室),
提出の締切は1月26日(水)17:00,

詳細は掲示と用紙を参照のこと。

| | Commentaires (0)

モラルジレンマと脳

すいません,
ただのアイデアメモです。

具体例文を探す←そういうタイトルの教育書を見かけた。

| | Commentaires (0)

14 déc. 2004

娘のことを書くように

と,ある方面から圧力がかかっておりますが。

日常的な事柄って書きにくいんだよね~
何か変わったことがないと。

ダンスは今度の日曜日,「つくば100本のクリスマスツリー」会場で,12時から10分程度の発表があります。
習い事で,「ストリートダンス」(笑...ってはいけません。何事も積み重ねですから)のクラスの演題です。
10人ほどでやるのですが,うちの娘はセンターです(正確にはツートップのひとりというべきか!!)(驚)。
見ている方がハラハラ


先日,特別レッスンを参観に行ってきましたが,
センターであること以上に,
こんなに体の固い(立位体前屈はずっとマイナス○cmで,金輪際足の指に届いたことはない)
父ちゃんの子とは思えないほど体が柔らかいことに,父ちゃんは驚いています。

身体の柔軟性は遺伝ではなく,環境とか練習とか,そういう要因が強いらしい。
よく言われていることではあるが。

| | Commentaires (0)

大詰め

今日~明後日,卒論の提出期限です。

大詰めを迎えています。
とても休んではいられません。

とはいえ,2人の論文は通しで読んでチェックして,ほとんどGOサインを出しました。
あと1人。考察を最後まで読んでいない。

でもみな締切までに出せるだろう。

| | Commentaires (0)

13 déc. 2004

人間研究の方法(心理学)-E

午前中お医者さんに診てもらい,4種類の薬を処方される。
それを飲んで臨む。

だって休めないんだ,この授業。

Lire la suite "人間研究の方法(心理学)-E"

| | Commentaires (0)

幻ではなかった"K点越え"

とうとうやってきました。
日曜の夕方から夜にかけて,みるみる上昇しました。
発熱。最高値38.6度。

だるいなあと思って最初測ったときは36.8度で,
「こりゃ明日のblogネタは"幻のK点越え"で決まりだね」とか妻に言われてましたが,
実際のところ,幻ではなくかなり越えてしまいました。

こんなときは寝るしかない。

| | Commentaires (0)

性格心理学II-11

性格の変化。
「変わる」「変える」変わらない」について。

変わる部分と変わらない部分について。

| | Commentaires (0)

10 déc. 2004

成績入力締切日

木曜日の最大イベント、だった。

まだ完了していなかった、総合科目の採点を終え、
システムに入力する。

10人おき、しかも入力していったん一時保存して、その後完了ボタンをもう一度押してという
ヒューマンエラーを防止するありがたい仕組みになっているので、
230人ほどのデータ(23画面)×3な作業です。

こういう作業に弱い。でも締切日だし、娘のお迎えにも行かなきゃいけないし...
キレそうになる自分。

| | Commentaires (0)

臨床心理学演習I(学類)3-2

宗教の教えは、強迫性障害に関係があるのか?
Thought-Action Fusionというコンセプトを間にいれて。

記事化はあとまわし。

| | Commentaires (0)

臨床心理学演習(MC)3-2

今学期のこの時間は、
神経心理学の基礎をレクチャーすることになりました。

なので今後、
特別なことがあったときだけ書くことにします。

| | Commentaires (0)

神経心理学検査・画像検査

木曜2限。
「心理臨床の実際」という授業の一講義。
1時間でできることは限られているので...
概論、概論。

「後出し負けじゃんけん」は、実習向きの遂行機能課題であることが判明しました。

| | Commentaires (0)

会議×5

過去にさかのぼって。

水曜日の話。まあいつもの、月に一度の会議日です。
11時から始まり、20時頃終了(だったかな)
 1)学類運営委員会
 2)学類会議
 3)学系会議
 4)DCヒューマンケア心理系の会議
 5)心理相談室会議

Lire la suite "会議×5"

| | Commentaires (0)

08 déc. 2004

sleepover再び/エントロピー増大の法則

保育園の娘の友達(正確にはひとつ上のクラスの子どもたち)3人様ご一行,
昨晩から今朝までうちでお泊まりでした。

前と状況的には同一,別のお客様方。

Lire la suite "sleepover再び/エントロピー増大の法則"

| | Commentaires (0)

07 déc. 2004

スーツ×自転車×コート

...の「コート」,ヘンじゃないのはないかしら。
 長すぎず短すぎず(長いと自転車こぐのにじゃま,短いと下のスーツが出てしまう)
 厚すぎず薄すぎず(厚いと動きが取りにくい,薄いと寒い)。
いろいろ観察しているのだが,なかなかアレというのも見かけない。

 すでに,スーツ×自転車(しかもあのミニチャリ)の時点で破綻しているともいえる。
 けど,必要。

| | Commentaires (0)

え,もうできたの?

がつんと完全版で「卒論」の原稿を受け取りました。

速っ!! まだ提出まで,まるまる1週間あるのに。
 さすがnon-procrastinatorのWさん。

...と,他の卒論生にプレッシャーをかけてみる。

| | Commentaires (0)

人間研究の方法(心理学)-0

昨日の話。

人間学類2年生,3学期の必修科目。
俗に言う「基礎実験」。
始まりました。
卒業した方々には懐かしい響きでしょう。

とはいえ,昨日はオリエンテーションのみ。実質来週から。
自分は3年目の「性格検査」担当です。

Lire la suite "人間研究の方法(心理学)-0"

| | Commentaires (0)

06 déc. 2004

銀杏のマークのほうへ

所用で午後,
銀杏のマークで有名な母校(の本店のほう)へ行って参ります。
鬼門,じゃなかった,赤い門の方です。

なんだか豪勢な,入り口から上に向かうどでかい階段に赤い(?)絨毯が敷かれている,
ほこりっぽい,古めかしいにおいのする,過去が文字になって蓄積されているところ。

何年ぶりか。

Lire la suite "銀杏のマークのほうへ"

| | Commentaires (1)

医者に行き,そして安静な週末

土曜日,
娘の急な発熱のため医者に連れて行く。
 いつも比較的スムーズに診てもらえる,とあるクリニックに行ったのだが,
 激混み...
  なぜなら
    1.風邪をひいたので来ている人々
    2.インフルエンザの予防接種を受けに来ている人々
  入り交じっているから。
 これでは予防接種に来て風邪をうつされることもあるだろう,と思っていた。


日曜日,娘の熱はおさまり(というか,平均以上に元気)
妻とともにふたりは一泊での忘年会に出発したが,
 自分...だるい。
外が暑いくらいの陽気だったせいなのか,昨日感染したせいなのか,
先の-今もなんだけど-心理的債務超過による,いわゆるストレス反応なのかしらないが
(ストレス経験の4日後くらいに体調を崩すという研究結果を,<ストレス>の講義でしたことがある)

...とにかく,12時間以上眠る。家で安静
仕事するはずだったのにな

| | Commentaires (0)

性格心理学II-10

不安障害,身体表現性障害,摂食障害
人格障害
 の紹介。

前回と今回は
臨床心理学的性格心理学。

あと3~4回。

| | Commentaires (0)

臨床心理学演習I(学類)3-1

3学期は,「質問紙調査」系です。

対人不安における「解釈バイアス」はどうなってるの?
 ※解釈バイアス:判断に微妙な状況をポジティブまたはネガティブに解釈する傾向

Lire la suite "臨床心理学演習I(学類)3-1"

| | Commentaires (0)

02 déc. 2004

臨床心理学特講-9

ほんとは2学期だけなんだけど,今日1回分いただきました。
今日で終了。

本田さん
5章「思考」。

共通的な土台としての
侵入(intrusion)

再帰的思考
 心配
 考え込み(rumination)

思考抑制
 逆説的効果

メタ認知
 メタ認知知識
 メタ認知制御

Lire la suite "臨床心理学特講-9"

| | Commentaires (0)

臨床心理学演習(MC)3-1

先学期のオーバービューの続きと,
全体を通してのまとめでした。今回で,扱っていた書物に関する内容は終了です。

ここで扱われたこと以外の「予防的に」使える心理学的知識について議論がありました。
 エゴグラム・交流分析
 対人関係論
 社会心理学(集団)
などが候補にあがってました。

個人的には,「予防」が100%善ではないかもしれない,という信念(というか懸念)があるので,
それを吐露しました。

| | Commentaires (0)

01 déc. 2004

債務超過

すべきことが重なってきて,
心理的債務超過的。

| | Commentaires (0)

« novembre 2004 | Accueil | janvier 2005 »