« 臨床心理学演習I(学類)3-3 | Accueil | 性格心理学II-12 »

16 déc. 2004

ストレス

ああ、明日はいたいけな1年生に
(心理学的)ストレスの講義。
「心理学理論では、『ストレス』はタマらないんだよ[蓄積しない]~」とか
教えてさしあげたりするわけです。
明日を含めて3回。

黒板書きまくりしゃべりまくりの講義になるであろう
(ほんとは、パワポ使ってたんたんとやるより、そういうのが好き)

自分って「なに心理学」の先生なんだろう。
そもそも世を忍ぶ仮の姿かもしれない、そしてそうであることを望んでもいるような。
 院生の頃までは、本気で「心理学のヒト」と言われるのをあれほど毛嫌いしていたのに。
 「心理学会」で会うと「なんでいるの?」という顔もされるけど。

講師になってからというもの、
ホント<自己概念が高度に分化して>ストレスに強くなりました。

|

« 臨床心理学演習I(学類)3-3 | Accueil | 性格心理学II-12 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 臨床心理学演習I(学類)3-3 | Accueil | 性格心理学II-12 »