« 医者に行き,そして安静な週末 | Accueil | 人間研究の方法(心理学)-0 »

06 déc. 2004

銀杏のマークのほうへ

所用で午後,
銀杏のマークで有名な母校(の本店のほう)へ行って参ります。
鬼門,じゃなかった,赤い門の方です。

なんだか豪勢な,入り口から上に向かうどでかい階段に赤い(?)絨毯が敷かれている,
ほこりっぽい,古めかしいにおいのする,過去が文字になって蓄積されているところ。

何年ぶりか。

最近,その「銀杏マーク」は新しいものが作られたようです。

歌を作ろうとしてみたり
卒業生にガウンを貸し出してみたり,

最近外からわかるアイデンティティの確立にやっきなようです。

|

« 医者に行き,そして安静な週末 | Accueil | 人間研究の方法(心理学)-0 »

09. SELF 【私】」カテゴリの記事

Commentaires

絨毯は赤色でした。
心理の開架図書の位置が変更されていました。
あいかわらず迷路様の建築構造でした。

書庫に大事に収蔵されている貴重書(コピー不可)を読んで、
手書きで「書写」してきました。
...ただの○○学部便覧なのに...

Rédigé par: mochi | le 07 déc. 2004 à 08:01

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 医者に行き,そして安静な週末 | Accueil | 人間研究の方法(心理学)-0 »