« 卒論指導教員希望届 | Accueil | 心理学Ⅰ・Ⅱ(ストレス)-3 »

21 janv. 2005

臨床心理学演習I(学類)3-5

車を運転するときに怒りっぽい人は,事故をおこしやすいという調査がある。

それを詳細に検討してみると...

担当は新倉さんで,
Behavior Research and Therapy 41: 701-718.
Deffenbacher JL et al.
Anger, aggression, and risky behavior: a comparison of high and low anger drivers.

でした。

「怒りっぽい」とはどういうことか。
高頻度?高強度?攻撃性増加?危険行為多?事故などのネガティブな結果多?
といったことがらを,自己報告質問紙,運転日記,シミュレータを使って多角的に検討した。

多くの結果が記載されていて(多変量分散分析は,ここで何度も出てきました)整理するのは難しいですが,

(1) 高怒り者は,怒る頻度が低怒り者の2.4倍 (頻度高し)
(2) 高怒り者の怒り強度は,特に渋滞などの障害があるときに高まる
(3) 高怒り者は,言語的・身体的攻撃性が2.4~3.6倍多い
(4) 高怒り者の危険行為は,1.9倍

といったことです。


* 自戒自戒...身体的攻撃性はないけど,
  怒り感情と「言語的攻撃性」はあるよな。

* 運転中の怒りをマネージメントする方策が求められている。
  たしかに,これは個人的な問題だけでなく,対人・対物的事故という,
  個人の範囲を超える重大な結果を招きうる「問題」なので,方策を立てることは重要であろう。
  今までにはなかった,新たな視点でした。

|

« 卒論指導教員希望届 | Accueil | 心理学Ⅰ・Ⅱ(ストレス)-3 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 卒論指導教員希望届 | Accueil | 心理学Ⅰ・Ⅱ(ストレス)-3 »