« 修論口述試験 | Accueil | η2乗 »

27 janv. 2005

臨床心理学演習I(学類)3-6

日記を使って,
情動状態(抑うつ傾向),顕在的行動,その報酬価の関連を探る。

髙橋さんで

Behav Res Ther 41: 1137-48 (2004).
Hopko DR et al.
The use of daily diaries to assess the relations among mood state,
overt behavior, and reward value of activities

でした。

即時的な,もしくは将来的な報酬価を伴う行動を,抑うつ的な人は
していないのではないか,という仮説を検証。

1週間の日記。
行動 - 即時的な報酬価評定 - 将来的な報酬価評定

でそれを,報酬価(4段階)を横軸,従事時間を縦軸として,
抑うつ傾向群と非抑うつ傾向群で比較すると,
抑うつ傾向群は,報酬価の低い行動を多く,報酬価の高い行動を少なく 行っていた。

そういったわけで,仮説は検証されました。


# とのことですが,
  なんかいまだに,因果の方向がこれでいいのか疑問。
  抑うつ傾向があるから,行動をネガティブに価値づけしてるかもよ,ということ。

# 誰かさんの卒論にとっては,支持的な意見ですねこれは。


|

« 修論口述試験 | Accueil | η2乗 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 修論口述試験 | Accueil | η2乗 »