« 運命の啓示 | Accueil | 登園しぶり,久しぶり »

18 févr. 2005

臨床心理学演習I(学類)3-8

「シャイネス」と「社会恐怖」(と他の精神疾患)はどういう関係になっているのか?

今年度のこの授業,最終回。

泉水さんの担当で,

Behav Res Ther 41: 209-221.
Heiser NA et al.
Shyness: relationship to social phobia and other psychiatric disorders.

でした。


同一のサンプルを対象に質問紙で測定し,直接的に比較検討する

仮説
 1) 社会恐怖とシャイネスは完全に区別できる
 2) 社会恐怖とシャイネスは本質的に同一
 3) 社会恐怖は重度のシャイネス
 4) 重複はあるが,シャイネスは広範囲

χ2乗検定と相関をあれこれ駆使して分析した結果,
 仮説4) をもっとも支持する結果であった。

(I軸orII軸)精神疾患によってシャイネスが高まるか,
シャイネスであることが(I軸orII軸)精神疾患罹患の可能性を高めるかもしれない
  ここでいう I軸-気分障害,不安障害
        II軸-回避性,自己愛性,妄想性,分裂型人格障害

# 「なぜχ2乗をたくさん使って,分散分析や重回帰分析をしないのか」という質問が出ました。
 -> たぶん研究目的上,「頻度」が問題になっていて2X2の分割表分析をするのがベターなのでしょう。

---

この演習では一年を通して,雑誌論文を
 日本語論文11本,英語論文を16本(うち受講生負担は,英語論文2本担当)読んだことになります。
授業のデザインとしては自分のねらい通りでしたが,彼らの感想はどうなのだろう...
「打ち上げ」が企画されたので,そこできいてみよう。

|

« 運命の啓示 | Accueil | 登園しぶり,久しぶり »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 運命の啓示 | Accueil | 登園しぶり,久しぶり »