« 『論理表現のレッスン』に学ぶ | Accueil | [神経心理学 思考抑制]検索者へ »

24 févr. 2005

臨床心理学演習(MC)3-*

本日で終了。
脳に興味を持ってもらう講義になっていて,
今学期はほとんど「臨床心理学」でも「演習」でもなかった。

来年は,テキストを長めのにして,終わらないようにするか,
厳しい先生として,別の演習課題を課すか,
どちらかにしよう。

「大先生」と言うときの文字通りの意味と言外の意味。
冗談と皮肉の区別とか。
「これは皮肉として言ってるんだぞ」と説明しないと皮肉として受け取られないこととか。

言葉って奥深いです。
セマンティックスかプラグマティックスか。
そのあたりなら興味あるな。
<言外の意味を推察してみてください>

|

« 『論理表現のレッスン』に学ぶ | Accueil | [神経心理学 思考抑制]検索者へ »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

つまり,言葉は奥深いが
あまり興味はないということですね?
脳の講義,たいへん有意義でした。
ありがとうございました。
来年度も同じ形式が喜ばれると思います。

ところで,脳の写真集が出ているのですが
ご存じですか?

<このコメントの中に言外の意味があるかもしれません>

Rédigé par: sano | le 25 févr. 2005 à 08:08

状況的・文脈的手がかりがないと,
<言外の意味があるのかないのか>さえ
はっきりしないんだよねぇ。

「たいへん」のところか,「有意義でした」のところか,来年度「も」のところか...
(ちょっと弱気)

脳の写真集とは?

Rédigé par: mochi(だからコトバは...) | le 25 févr. 2005 à 17:45

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/3059660

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習(MC)3-*:

« 『論理表現のレッスン』に学ぶ | Accueil | [神経心理学 思考抑制]検索者へ »