« 学会連合資格 | Accueil | 本棚 »

18 mars 2005

収集行動の神経基盤

「収集行動」の神経基盤。

A neural basis for collecting behaviour in humans.
Brain 128: 201-212, 2005.
Anderson SW, Damasio H, and Damasio AR.

「かなりの量の」,
「ほとんど,全く価値のないモノを」,
「通常の生活に支障が出るほど」収集する行動が,
「脳損傷後に」出現し,
「1年以上みられ,周囲がやめさせようとしてもできない」。
といった状態を,「異常な収集行動」と定義した上で,63例の脳損傷患者さんで検討した。

このうち,9例は上の5つの定義すべてにあてはまり(収集群),54例はあてはまらなかった(非収集群)。
群間で神経心理学的検査の結果を比較すると,
知能,遂行機能,前向性の記憶成績に有意差は認められなかった。
(傾向としては,「収集群」の方が遂行機能成績は良好,記憶成績は不良)

「収集群」は,全例前頭葉に病巣があり,特に内側面と底面に共通して病巣が認められた。
「非収集群」との対比でもっとも顕著な相違が認められたのは,「右前頭葉内側面」であった。

~~~

ヒト以外の動物,鳥類やハムスターなどでも「収集」行動は見られるが,
そしてヒトでも,美的/感情的/金銭的価値を求めて「収集」することはあるが,
ここでの報告は先の定義通り,「異常な収集行動」に関するものである。
これらの場合,ほとんど「収集されたモノ」には関心がなく,
まさに「収集すること」自体に目的があるようだ。

収集行動に駆り立てられる動機を私たちはもともと持っているが(激しく同意)
それを適切に調整する機能が破綻した結果,
「異常な収集行動」が見られるという著者らの解釈。
すなわち,(収集)動機の脱抑制(a disinhibition of the drive)。
(そしてコインの裏側ともいえる「捨てられない」ことも,同じようなメカニズムで説明できる)
OCDにみられるcompulsive hoardingも類似のメカニズムだと考えられる。


~~~

★なかなかうまいタイトルで,少しだまされた感が...
 (マニアックなコレクターと,非コレクターをイメージングで検討した,みたいな印象でしょ,この論文タイトル)

★とりあえず,「積ん読」からの脱却にはこれがふさわしいかな,と思って... 第2定義からは,これで外れるでしょう!

★一昔前に,テレビで盛んに「ゴミ屋敷」について報道してましたが,最近見かけないなぁ。
 共感的に心理状態を解釈・理解するだけではなく,手伝って片付けてあげるだけでなく,
 「脳活動状態の変調の可能性」を視野に入れた援助といったようなことは,可能であろうか。

|

« 学会連合資格 | Accueil | 本棚 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/3342089

Voici les sites qui parlent de 収集行動の神経基盤:

« 学会連合資格 | Accueil | 本棚 »