« An050406 | Accueil | An050407 »

07 avr. 2005

frustrationとstress

修論生のテーマがらみ。

ストレスの研究はあまたあるのに,
フラストレーションの研究はだいぶ少ないように思われる。
なぜだ?判然としない。
...もやもや。イライラ

...といった状況は,
ストレス状況と考える?フラストレーション状況と考える?
メタなレベルでも,よくわからない。

わかる「evidence-basedな心理学者」に聞いてみなくては。
今必要としているのは,
実証的先行研究であって理論的解説ではないのです。

さらなる疑問のタネ。

frustrationと「欲求不満」は意味的に十分重なるのだろうか,ということ。
目標に向かう行動が阻害されている状況をfrustrationというのだろうけど,
目標=欲求じゃないことだってあるのでは?

目標自体が存在しない状況ではfrustrationは生じない?生じる?
目標がありすぎて「虻蜂取らず」のときはどう?

あぁぁ

|

« An050406 | Accueil | An050407 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/3601574

Voici les sites qui parlent de frustrationとstress:

« An050406 | Accueil | An050407 »