« An050401 | Accueil | ペナン島 »

01 avr. 2005

サイコパシー傾向の高低による表情認知課題中の脳活動パターンの相違

昨年の論文です。

Functional differences among those high and low on a trait measure of psychopathy.
Biological Psychiatry 56: 516-521, 2004.
Gordon HL et al.

nonclinicalな/nonpsychiatricな大学生20名を被験者とした実験。

# サイコパシーとは...(知らなかったら)↓↓↓自力で検索すべし。
# 「サイコパス」とか「反社会性人格障害」などをキーワードにどうぞ。
# そういう傾向を「サイコパシー」と呼ぶ(ときがある)。

サイコパシー傾向は,Psychopathy Personality Inventory(Lilienfeld & Andrews)を用いて測定し,
emotional-interpersonal因子得点とsocial diviance因子得点を算出した。

実験課題は,怒り・恐怖・悲しみ・うれしさの表情をした顔写真を提示し,
表情認知条件(表情にマッチしたボタンを押す)と人物同定条件(人物にマッチしたボタンを押す)。
fMRI。

emotional-interpersonal得点の中央値で高群・低群に分けたところ,
behavioralには(反応時間・正答率)差がないのに,
脳活動には差が認められ,
低群>高群:右下前頭回(1),右扁桃体(1),内側前頭皮質(1)
高群>低群:右一次視覚皮質(2),右背外側前頭皮質   が明らかとなった。

同じ「表情認知課題」をしていても,反応時間や正答率に群間で違いはなくても,
高サイコパシー傾向者は,より知覚的(2)に
低サイコパシー傾向者は,より情動解釈や情動的反応に関連のある部位(1)が活動している。

# つまり,同じことをしていても,脳の活動パターン,もう少し敷衍して拡大解釈的に考えれば,
 「解法」が異なる(または,異ならざるをえない状況になっている),ということを示している。

# 群の作り方が,なんというかよく見かける,臨床領域系の卒論っぽいような。
この記事のタイトルもそれ風にしてみました。


[y][x2][z1]

|

« An050401 | Accueil | ペナン島 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/3522033

Voici les sites qui parlent de サイコパシー傾向の高低による表情認知課題中の脳活動パターンの相違:

« An050401 | Accueil | ペナン島 »