« しゅうの壮行会 | Accueil | 右脳【うのう】を鍛える,のだそうだ »

29 avr. 2005

ストレスとフラストレーション

の違いについて,深く思索中。
研究量・数のアンバランス(ストレス>フラストレーション)に対する疑問。
立ちはだかるイメージ 対 立ち向かうイメージ。

これはある種の闘いになりそうな予感。

|

« しゅうの壮行会 | Accueil | 右脳【うのう】を鍛える,のだそうだ »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

ちょっと博士に聞いてもいい?

かつての職場で、対立する人間関係の間にはさまれ、心身のバランスを
崩して辞めちゃった子がいました。そうかと思えば、
自己中心的で、自分の思うとおりにことが運ばなかったり、
目論見どおりに人が動かなかったりすることによって不満が募り、
体調を崩した人がいます。(不眠・抑うつなど)
その人が懇意にしているという医師から「ストレスによる軽うつ」と診断され、
ほーら私には今すごいストレスがかかってるのよ、医者から無理するなと
言われているから、しばらく仕事はセーブさせていただきます、と一方的に
出勤時間を遅くしたりしている場合(私の周囲で起きた、ほぼ実話)、
これは果たしてストレス?

ちなみに、その「いかに自分にストレスがかかっているか、自分がどんな思いで
働いているか」を毎日延々と聞かされる私も相当心身消耗していたのですが、
そんなことはお構いなしな方でした。

Rédigé par: ハラサチコ | le 30 avr. 2005 à 13:23

博士って問いかけは...なんだか「物知りでちょっとぎこちない小学生」に尋ねるみたいな。まあ,そんな小学生みたいなものですね,自分。

私たちの議論によると,
「目標があって,そちらに行動が向かっている」(が,それが実現されていない),
かつ,
「その行動を阻害する要因が内的なもの,もしくは不明確である」場合,
がたぶんフラストレーション状況だということです。

特に目的行動がないときや,阻害要因が外的ではっきりしているときは,ストレス状況。

おたずねの場合,
第一例>ス
第二例>フ(ただし診断前)
ハラサチコ氏>ス
ってところ?

Rédigé par: m0ch1 | le 02 mai 2005 à 13:42

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/3909087

Voici les sites qui parlent de ストレスとフラストレーション:

« しゅうの壮行会 | Accueil | 右脳【うのう】を鍛える,のだそうだ »