« ストレスとフラストレーション | Accueil | 宿題のつもり »

30 avr. 2005

右脳【うのう】を鍛える,のだそうだ

本屋ではよく見かけるんだけど,今朝,
TVCMで言ってた...初めてテレビコマーシャルで聞いた...
恐ろしいヨノナカだ。

そもそも,
「右脳」という文字のつらなり,「うのう」という音のつらなりを用いること,
それはニアリーイコール,
専門家の言辞ではないこと意味するわけなのだが。
信仰とか嗜好(思考,ではない)とかの問題なのだが。


「右脳」だけ鍛えられるのか?
ふだんの生活では,そんなに「右脳」を使ってないのか?
そして,使えば鍛えられてなにがしかの能力がアップするのか?
 へぇ~。
  本当かしら。
   証拠はあるのかしら。

「左脳(さのう)」を鍛えようってのはほとんどないよね。
このバイアスはなんなのでしょう。


ま,「右脳左脳論」に従えば,
『「左脳」を鍛えると論理的思考力が高まり,「右脳」信仰の欺瞞が看破されちゃうから』(笑)
左は鍛えない方がいいのかもしれない。営業的に。
 もしくは
『潜在能力(=右脳に宿る)を引き出すんだぁぁっと,イメージ的・感覚的にだけ訴えちゃおう』
ということか。


あとやっぱり,当事者のひとりとして,
「左利きの人への注意書き」を入れてほしいなあ。

    ↓ 親切にも,記載例を示してあげよう ↓ 
    『ご注意:左利きの方へ:もしかしたらあなたの場合,
    逆に「左脳」を鍛えてしまうことになるかもしれません
    (35%くらいの確率と言われていますが,あなたがそれに含まれるか否かは
    事前にも,事後にもわかりません)。
    この場合,宣伝とは異なる影響を脳に与えることになりますが,
    弊社では責任を取りかねます。あらかじめご了承ください。』

 みたいな感じで。
 訴えられないように。

|

« ストレスとフラストレーション | Accueil | 宿題のつもり »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

はじめまして。ロテ職人と申します。

最近、統合失調症者の認知機能リハビリテーションがらみで
神経心理学の方面に注目しています。
そうしたこともあり、こちらのブログを興味深く読ませていただいておりました。

「右脳を鍛える」という言葉については私もかなりうさんくささを感じていたので
今回のご指摘(?)は非常にすっきりさせられた次第であります。
「左利きの人への注意書き」は良いですね。

あとリンクポリシーに基づき勝手にリンクを貼らせていただきました。

Rédigé par: ロテ職人 | le 01 mai 2005 à 23:50

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/3916909

Voici les sites qui parlent de 右脳【うのう】を鍛える,のだそうだ:

« ストレスとフラストレーション | Accueil | 宿題のつもり »