« 臨床心理学演習(MC)1-4 | Accueil | [なんとなく ストレス 尺度] 検索者へ »

12 mai 2005

臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-4

思考抑制についての論文。

「緑色のフォルクスワーゲンについて考えないようにしてください」

受講されている皆さんはきっと,
思い出したくない「失敗」に関しては,それを思いださないよう「抑制」するときには,
逆説的効果,リバウンド効果を起こさないために,代替思考,
 「関連ポジティブことわざ=失敗は成功のもと」
を今後使うことだろう。
そして
 「無関連ネガティブことわざ=血で血を洗う」
とは間違っても考えないだろう。

「実験系」論文は次回までになるもよう
(ちなみに次回は,訓練・効果の検討みたいなのにしよう;被験者内要因・反復測定デザイン)


・配付資料に「粗相」あり...
・ぶっちゃけ,ほぼぶっつけ本番
 わかりやすい論文に。
↑ややここ数日の疲労が顕在化しているのか。

代替思考は「気晴らし」方略といえるんだ,ふーんそうなんだ。

※受講生が確定したので,
 2学期・3学期に読む論文の「候補リスト」を配る。
 リストにある論文のタイトルや中身をみて,各自第三候補まで決めてもらいます。
 各自各学期1本のノルマ(レジュメ作成)としました(昨年度と一緒)。
  運が良ければ(悪ければ?とも考えられる)授業時間中に発表の機会を得ることができる。
  運が悪ければ(良ければ?とも考えられる)レジュメ作成配布のみとなるかもしれない。

お楽しみの大抽選会(になるんだろう,希望が重なるだろうから)は,6月16日の第9回にて。
そして名目上,夏休みの宿題として(実態は,どうでしたか,昨年度の受講生諸君)


ところでこの記事を読む間,
どれくらい,何回,
 「緑のフォルクスワーゲン」が頭に浮かびましたか。
そして事情通な人は,
どれくらい,何回,
 「白熊」
が頭に浮かびましたか。

|

« 臨床心理学演習(MC)1-4 | Accueil | [なんとなく ストレス 尺度] 検索者へ »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/4096706

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-4:

« 臨床心理学演習(MC)1-4 | Accueil | [なんとなく ストレス 尺度] 検索者へ »