« 臨床心理学演習(MC)1-5 | Accueil | 性格心理学Ⅰ-5 »

19 mai 2005

臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-5

「変化」をとらえること
 →被験者内要因で複数回測定。
もともとの個人差の影響を排除したいとき。

反復測定分散分析と
共分散分析(←昨年度の経験をもとに導入)

対人ストレス状況における「解決先送りコーピング」の訓練の効果についての論文。

なんでも問題焦点型コーピングならば・だけが
有効というわけではない,という点は斬新。

誰かといざこざが起きたら,無理に解決しようとせず,
いったん棚上げするのがいいらしい,ストレス反応を起こしにくくする,
という意味では。
現実生活でどれくらい応用できるか。

|

« 臨床心理学演習(MC)1-5 | Accueil | 性格心理学Ⅰ-5 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/4196910

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-5:

« 臨床心理学演習(MC)1-5 | Accueil | 性格心理学Ⅰ-5 »