« 臨床心理学演習(MC)1-6 | Accueil | 漫然とした,全般的な,たちこめる »

26 mai 2005

臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-6

今回から,質問紙調査系に入ります。

王道,「因子分析」。
だいじなことは,この分析そのものを絶対視しないこと。
解釈可能性こそすべて

因子分析まで,因子分析,因子分析後の3フェーズを解説(まさに説)。
一度ですべてを説明できる,わけはない。

精神的回復力(レジリエンス)尺度について学びました。
ネガティブなライフイベントの経験数が多くても,自尊心が高く保たれるのは,
どういう心理特性が関与するか。

|

« 臨床心理学演習(MC)1-6 | Accueil | 漫然とした,全般的な,たちこめる »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/4288848

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-6:

« 臨床心理学演習(MC)1-6 | Accueil | 漫然とした,全般的な,たちこめる »