« 目標と行動のあいだ | Accueil | [授業 目標 シラバス 高次脳機能障害] 検索者へ »

24 mai 2005

劣等感の2タイプ?

感覚的にはありそう,納得できる。
しかし,(先行)研究はない。
そこで,これを研究する。
...よい,研究のスタートラインではありませんか。

具体的な「質問紙」,調査のしかたが現在の議論(「卒論指導」という名称)の焦点になっている。
アイデアとしては2種類。
どっちをとるかで,けっこう変わるところ。

悩むなあ

|

« 目標と行動のあいだ | Accueil | [授業 目標 シラバス 高次脳機能障害] 検索者へ »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/4262940

Voici les sites qui parlent de 劣等感の2タイプ?:

« 目標と行動のあいだ | Accueil | [授業 目標 シラバス 高次脳機能障害] 検索者へ »