« 意欲の因子分解もしくは方程式 | Accueil | An~050510 »

09 mai 2005

40000とおたふく

アクセスカウンターが40000を超えておりました。

それとは関係ない日々の記録を。

・明日から,家庭内工事
 土曜日あたりから少しずつモノを畳の部屋に移動する。あとは洗濯機をば。
 それでもうちはモノが少なめらしく,なんとかおさまるであろう。

・週末から,娘の発熱。耳の下が痛いという。それで
 今朝お医者さんに診てもらったら,まさに「視診のみ」により
 「流行性耳下腺炎=おたふくかぜ」との診断。アチャーッ
  ★ 当然腫れがおさまるまで,保育園には行けない。
  > 明日から工事だという,まさにこんな時期に...
     ベリベリガーガードンドン音の中で過ごすか,どこぞに逃避行するか
  > 自分がおたふくに罹ったという記憶がない(!)。
     実家の母や祖母に聞いてみても,「かかったような気がするけどなあ」程度の曖昧さ。
     ~感染から発症まで2週間程度の潜伏期間があり,感染したならもうしてますよとのこと。
      大人のおたふくはたいへんだというが,果たしてどうなることやら。
      「不顕性感染」(感染しているのに症状が出ない)ということもあるようなので,
      それにかけるしかない。
     3週間くらいは ★自分のカラダ要注意★ 。

けっこうピンチな状況です

|

« 意欲の因子分解もしくは方程式 | Accueil | An~050510 »

12. RECORDS 【録】」カテゴリの記事

Commentaires

「工事」と「看病」の両立は難しいと判断し,
実家に救援を求めることとなりました
(いつも都合良くお世話になり申し訳ありません;多謝)。

そのようなわけで,
娘と嫁は長野方面へと向かいました。
(これはさる方面への伝言的コメントでもあります)。

私は「家庭内引越」作業続編です。
こまごましたモノたちを箱詰め袋詰め。

# アクシデント,というのは
こちらやあちらの都合に関係なくやってくるものだ(実感)

Rédigé par: mochi(ピンチやや脱出) | le 09 mai 2005 à 19:20

その後、姫の具合はいかがですか?

成人男性が流行性耳下腺炎に罹患すると、
「とある大切な機能」を損なう恐れがある、という説が有名ですが、
実際のところ、そのリスクよりも、
幼児期から学童前期にかかるのと比べて、発熱や腫れなどの症状が重くなる、
というのが「大人がかかると怖い」といわれる所以です。

先日はちょっと深刻な質問に答えてくれて感謝です。
あれから、その方には新たな職が見つかり、去っていきました。竜巻のような人だった…
「博士」は「ハカセ」ではなく「ドクター」な意味で使ったのですが(^_^;)

さる方面かどうかはナゾですが、きっと姉家族あたりとは
ツ○ヤあたりで遭遇していたりして。

Rédigé par: ハラサチコ | le 16 mai 2005 à 01:35

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/4051663

Voici les sites qui parlent de 40000とおたふく:

« 意欲の因子分解もしくは方程式 | Accueil | An~050510 »