« 漫然とした,全般的な,たちこめる | Accueil | 性格心理学Ⅰ-6 »

26 mai 2005

40歳から59歳までにテレビを観ている時間が長いと

「Alzheimer病にかかるリスクが1.3倍に高まる」

という論文が出ています。ロジスティック回帰分析。

えぇ~

テレビを観ること自体よりは,
社会的な活動や知的に刺激的な活動をする
(これらはリスクを低下させる)時間が減るから,
という解釈。

Brain and Cognitionという雑誌で,このての論文が載っているのは珍しいです。

An050526-1 Alzheimer disease; leisure activity
The relationships between television viewing in midlife and the
development of Alzheimer’s disease in a case-control study.

あくまでも,
統計的には,
ですから。

|

« 漫然とした,全般的な,たちこめる | Accueil | 性格心理学Ⅰ-6 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/4289830

Voici les sites qui parlent de 40歳から59歳までにテレビを観ている時間が長いと:

« 漫然とした,全般的な,たちこめる | Accueil | 性格心理学Ⅰ-6 »