« 性格心理学Ⅰ-5 | Accueil | 行先変更 »

20 mai 2005

An050520

An050520-1 blushing; social phobia [z1]
Do blushing phobics overestimate the undesirable
communicative effects of their blushing?

※ 赤面恐怖傾向者はその顕在効果revealing effectを過度に見積もるという仮説の検証。
   赤面可能性probabilityと望ましくない結果のコストについては高く見積もったが,
   それらのバイアスが赤面であることを顕わにすることで高まる,ということはなかった。

An050520-2 OCD; frontal lobe; neuropsychological [z1]
Neurocognitive impairment does not predict treatment
outcome in obsessive-compulsive disorder.

※ 強迫性障害の治療効果を,あらかじめ行う神経認知機能障害(=神経心理学的障害)
  で予測できるかどうか?いくつかの例外はあるが,全体としてはNO(予測できない)。

An050520-3 category-specificity [x1]
Category-specific naming effect in non-brain-damaged individuals.
※ 健常成人にみられる,カテゴリー特異性効果の検討。
  年齢があがると,生物の呼称namingが落ち(年齢の効果),
  若い男性は女性に比べて非生物の呼称が良好(性別効果)。
  ...ということで,カテゴリー特異的な障害の症例報告では,加齢の効果も考慮が必要。

An050520-4 category-specificity [x1]
Semantic processing of living and nonliving concepts across
the cerebral hemispheres.

※ カテゴリー特異的な意味記憶障害にかかわる左半球・右半球間の相違。
  健常成人で。右半球は非生物カテゴリーがニガテ。生物カテゴリーは半球差なし。
  でも左半球も非生物カテゴリーは生物カテゴリーよりニガテという結果も出てるし...
  → # そんなすっぱりと分かれるような単純なシロモノではない。

An050520-5 object recognition; semantics; visual agnosia; motor knowledge [x1]
The role of sensory-motor information in object recognition:
evidence from category-specific visual agnosia.

※ 生物カテゴリー優位な視覚性失認の症例報告。
   非生物カテゴリーでも,感覚運動情報が使えるようなものであれば,認知が良好。

|

« 性格心理学Ⅰ-5 | Accueil | 行先変更 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/4208160

Voici les sites qui parlent de An050520:

« 性格心理学Ⅰ-5 | Accueil | 行先変更 »