« 宅内工事第二日 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-4 »

12 mai 2005

臨床心理学演習(MC)1-4

「問題の外在化」です。
externalizing。
ケース提示の部分なので,話がより具体化してきました。
今日,「悪い虫」扱いされたのは,"tension"
(あの上げたりする「テンション」ではなく,緊張感という意味の)。

「問題」焦点ではなく,「解決」焦点であることについて,
いろいろと議論百出す。

今日のディスカッションでは特に,
「問題な子」への対応に苦慮する親など家族とカウンセラーの関わり方とか。
「そりゃ親に問題があるだろう」と感じられてしまうときでも,このアプローチで大丈夫なのか,
みたいなことがら。
「対症療法的」(not「根本治療的」)だということも。

うまい説明はなかなかに難しい。
「因果的思考」は頑強な思考パターンですから,
 結果としての「問題」←その「原因」は?
という遡及型原因追及路線は,そうたやすくは変えられないですね。
 
たぶん来週の授業の時まで,
どうやって受講されている方々の思考パターンを変化させ,
「納得」というゴール=解決に向かっていただくか,
ずっと頭の片隅で考えてしまうだろうな。

「変化は必然」,「過去のうまくいったときのことを思い出して」,
「例外探して」,「問題を外在化して」,

...がんばります。

|

« 宅内工事第二日 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-4 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/4096510

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習(MC)1-4:

« 宅内工事第二日 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)1-4 »