« 性格心理学Ⅰ-4 | Accueil | おたふく終結 »

13 mai 2005

今年度卒論・修論題目(仮)

卒論
>4人,サインをし捺印。

決まった順に
 ・完全主義,社会的比較が精神的健康に及ぼす影響
 ・「理想自己とのギャップから生まれる劣等感」と「他人と比較して感じる劣等感」
 ・観察者視点からの自己イメージの違いが社会不安に与える影響
 ・「自己の将来像」目標の実現過程に影響を及ぼす要因

修論
>サイン捺印は僕ではないんだなあ,こっちは。

 ・学校生活におけるフラストレーションの生成過程に関する検討
  -認知的評価の視点から-

業務連絡 > 卒論生
 「領域」の第一次発表会(構想発表会)は,6月15日(水)午後に確定となりました。
 レジュメは8日(水)締切 
 ...詳細は掲示がそのうち出るでしょう。
  教育実習などで不在になる場合は,行く前に提出。
  が原則 ← いろいろ頭や手段を使うこと

あと,他の研究室の卒論生も,「指導教員ほにゃらら」の書類は今日が締切なので提出すべし。

|

« 性格心理学Ⅰ-4 | Accueil | おたふく終結 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/4107643

Voici les sites qui parlent de 今年度卒論・修論題目(仮):

« 性格心理学Ⅰ-4 | Accueil | おたふく終結 »