« 性格心理学Ⅰ-3 | Accueil | 意欲の因子分解もしくは方程式 »

06 mai 2005

連休中の宿題提出

さてさて自ら課した宿題でしたので,読みました。
なるべく「書かれていること」に基づいてみます。
~こういうときは,「誰それが言っている」などを,判断の材料にしてはいけないものです。

とりあえず3点の問題点を指摘してみよう。

問題点1)4タイプ?
 特別な脳波測定装置を使って,前頭葉の活動を測定し,
 α波β波の比率をとる。そのデータを用いて,
 ノーマル脳型,ビジュアル脳型,半ゲーム脳型,ゲーム脳型の
 4類型(タイプ)にわけられる,という。
 #
 ・本文にグラフが記載されているが,このうちα%,β%ごとのグラフ
  (この重なりがなくなるのがマズイらしい)についての説明がない。
  グラフの出し方がよくわからない
  (↑って初年級の大学生レポートへのコメントみたいになってしまうが)。
 ・本当にこんなきっちりわけられるの?
  基準は定量的に・数値的に決められていないよう;「見た目」判断か。
  (どうとでも言える,ということ)
 ・「ベースライン」の情報を「ゲームをしているとき(またはその後)」の解析に
  組み込んでいるのかいないのかわからない。
  ベースラインが人によって異なるでしょう。
 ・代表例しか挙げられていない。4類型が,調査されたサンプルの中で
  どれくらいのパーセント出現したのか,よくわからない(私の見落とし?)


問題点2)性格特性行動特徴の記述の杜撰さ
 #
  これがおそらく最も問題である。
 ・ 「このタイプでは,こんな<ようだ>,こう<思われる>,こう<だそうです>,こんな<印象でした>」
  といった推測 and/or 伝聞的記述のオンパレードであり,
  仮に問題点1)をクリアし,タイプが確定できたとしても,
  このままではタイプと性格・行動特徴の関係づけがまったく主観的・恣意的である。
 ・イメージとしては,「血液型性格判断」のようなもので,
   類型・タイプ(血液型)-性格特徴・行動傾向
  の血液型を,脳類型にしたような感じ。
   その「特別な装置」を使わない限り,自分がどのタイプかわからない点で,
   なんというか,タチが悪い。
 ・まず質問紙調査でも,行動観察でもいいから,先に性格・行動特徴を把握した上で,
  そのデータと,脳波計測の結果をつきあわせてみたら?
  (卒論指導みたい...)


問題点3)前頭前野いうても広うございまして。
 #
 ・キレやすい,意欲が低下する,表情に乏しい,などなど...
  「前頭葉症状」「前頭前野関連」の性格異常・行動変化のようなことが書かれているのですが。
  前頭前野といっても,大きく背外側部・眼窩部・内側部という3区分(もっと分ける場合もある)
  あり,一概に「前頭前野がヘンで~す」というのはかなりおおざっぱすぎる。
  もうちょっと神経心理学の最近の本を読んで,学ばないといけません。
 ・またその「装置」は少なくとも前頭前野の一部の活動しか(さらにぼやけた状態でしか)
  計測できないであろうから,仮に問題点2)もクリアしたとしても,
  この本に挙げられている性格・行動特徴(まあネガティブ傾向で書かれていること)
  のすべてを,計測データから論じることにはもともと無理があろう。
  

新幹線の車内で読みました。
売り上げに貢献してしまった。


近頃は,「スポーツ脳」とかいうのもあるらしいですね...


なんでも末尾に「脳」をつければいいらしい。
なんでも末尾に「力」をつければいいのと同じように。

|

« 性格心理学Ⅰ-3 | Accueil | 意欲の因子分解もしくは方程式 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

あの手のゲームで脳を鍛えるムーブメントに疑問を抱くアウトローな私。
それよりも「活字を読みなさい」と甥&姪が大きくなったら
本を買ってあげる「子どもからすれば気の利かないおばちゃん」になろうと思います。

上田市、きょう合併。面積だけはとてつもなく広くなりました。

Rédigé par: ハラサチコ@アウトロー脳 | le 06 mars 2006 à 16:40

「鍛える」というコトバに違和感があるんです。
「使う」だけなら話はわかるんだが。

本がいい,には賛成です。

 *

上田市はいいけどさ,
小諸市とその東方は,
全然合併の「が」の字もないんかいな。
いや,ないほうがいいとは思うんだけど。
なんとなく雰囲気として,
上田市と佐久市にイメージ的に「侵略されそうで」...
ねぇ。

お,よく見たら
「東御市」が間にあったね。
西に拡げる余地があると。
立科町も範囲?

どうもマニアックにローカルな
話題ですいません。
それから,あくまでも地図上の物理的な近接に基づいた話なだけです。
なんら意図はありませんし,
これまでの協議会等の設置の有無とかその結果とか知りません。

...などと断り書きを入れた方がかろうと思うほど,
合併って,けっこう難題ですよね。

Rédigé par: mochi | le 07 mars 2006 à 15:18

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/4006785

Voici les sites qui parlent de 連休中の宿題提出:

« 性格心理学Ⅰ-3 | Accueil | 意欲の因子分解もしくは方程式 »