« 臨床心理学演習(MC)1-8 | Accueil | 性格心理学Ⅰ-8 »

09 juin 2005

臨床心理学演習I(学類)1-8

「階層的」重回帰分析。
 モデルが単純じゃないとき。
 交互作用を検討したいとき。

今回の教育目標は
教えあい」(と言うと,麗しい友情っぽさのみ感じられるが)
窓側チームと廊下側チーム,別々の論文を読んで,
その後10分ずつ,相手側の人にマンツーマンで教える(説明する)。
...ことにした。

教育的効果(といいつつ効果測定をしていない;教育の「ねらい」が正確ですか)
1)後で,誰かに,自分が説明しなくてはならないので,その程度には読みこまなくてはならない
2)説明力についての自己モニタリングができる(時間意識も含めて)
3)テンション上げ(木金はお疲れがたまっているようで,意図的にテンションを上げ(させ)ねば)
4)演習仲間意識強化?

良いことばっかりではありませんか。
 決して,教員の純粋で単純な手抜きではありませぬ。
 こういった効果を見越しての,教育的配慮の一環ですから。

論文を速読するだけでなく,「説明」もできるように。なってきたんじゃない~?
2・3学期に,その成果を拝見いたしましょう。

論文内容的には,
 窓側チームは「健常大学生の妄想的観念(の素因-ストレスモデル)」
 廊下側チームは「否定的対人感情の軽減」のしくみ。

一方の論文,著者のお一人は受講生諸君の先輩であることもお伝えしました。

|

« 臨床心理学演習(MC)1-8 | Accueil | 性格心理学Ⅰ-8 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/4483146

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習I(学類)1-8:

« 臨床心理学演習(MC)1-8 | Accueil | 性格心理学Ⅰ-8 »