« [心理学とはどのような学問] 検索者へ | Accueil | 鍵束紛失騒動顛末 »

03 juil. 2005

An050703b

An050703b-1 drawing; pathologic approach behavior; case [x1]
Multidirectional transpositions suggesting pathologic
approach behavior after frontal stroke

 ※ 記憶に基づいて(アナログな)時計を描くときは正確に描けるのに,
    模写(コピー)時には数字の位置が上半分または下半分に「転置」してしまう。
    右前頭葉のstroke。病的接近現象(pathological approach behavior).

An050703b-2 Alzheimer's disease; driving [x1]
Driver landmark and traffic sign identification in early
Alzheimer’s disease

 ※ アルツハイマー病患者の車の運転能力。
    標識や信号の視覚的探索・同定能力が低下している。

An050703b-3 theory of mind; perspective taking; false belief; case [x1]
Seeing it my way: a case of a selective deficit in inhibiting self-perspective
 ※ 「自己視点の抑制」と「他者視点取得」を分離して測定する方法を開発し,
   右前頭前野・側頭葉損傷患者1例で,前者のみに機能低下が見られた。

An050703b-4 theory of mind; simulation [x2]
Making sense of another mind: The role of the right
temporo-parietal junction

 ※ イメージング。右側頭頭頂接合部:「心の理論」帰属にもっとも関与する。

An050703b-5 feedback-related negativity; anterior cingulate cortex [x2]
Knowing good from bad: differential activation of human
cortical areas by positive and negative outcomes

 ※ フィードバック関連陰性電位(feedback-related negativity)はEEG研究で前帯状皮質尾側に
    によって生成されるという説があるが,fMRIを使うと当該部位にはなんら活動がみられず。

An050703b-6 emotion; prosody; TMS; withdrawal-approach [x2]
What is said or how it is said makes a difference: role of the
right fronto-parietal operculum in emotional prosody as
revealed by repetitive TMS

 ※ 言語のプロソディックな側面について。右前頭頭頂弁蓋部へのTMSの効果。
    恐怖や悲しみなどのwithdrawal emotionsの検出を遅らせる効果が認められたが,
    幸福や怒りなどのapproach emotionsの検出に対してはそのような効果が認められなかった。

An050703b-7 romantic love [x2]
Reward, Motivation, and Emotion Systems Associated With Early-Stage
Intense Romantic Love

 ※ 「恋する人」(初期の段階)の脳活動。
    →おもしろそうなんで,あとで記事化するかも。
    そんなことまで分析しないでくれという「情緒的反論」をしたい人もいるかもしれない,が。

An050703b-8 frustration [x2]
Neural correlates of frustration
 ※ フラストレーション。
   腹側線条体の活動が減少し,右島前部・右腹側前頭前皮質の活動が増加。
   後者は「ココロの痛みemotional pain」と関連のある領域・活動。

An050703b-9 body mass index; orbitofrontal cortex; anterior cingulate cortex [x2]
Body mass predicts orbitofrontal activity during
visual presentations of high-calorie foods

 ※ BMI(body mass index)と脳活動の相関
    高カロリー食物を見ているとき,帯状皮質・前頭眼窩皮質の活動と負の相関,
    低カロリー食物を見ているとき,前頭眼窩皮質の活動と負の相関,
    食器を見ているとき,前頭眼窩皮質の活動と正の相関。
    →高BMI者は前頭眼窩皮質の活動,食物イメージの報酬への反応性を変容させる。

|

« [心理学とはどのような学問] 検索者へ | Accueil | 鍵束紛失騒動顛末 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

03XY. MEN-and/or-WOMEN 【男女】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/4806848

Voici les sites qui parlent de An050703b:

« [心理学とはどのような学問] 検索者へ | Accueil | 鍵束紛失騒動顛末 »