« かゆみどめのこだわり | Accueil | 筑波大学・人間学類・心理学主専攻・説明 »

27 juil. 2005

「損をしなかったのは」

まずはここを。

どのように書いても,なんらかの敵を作りそうな話題です。
このblogでも2回ほど,取り上げてみたりしておりますが。

でもあえて率直に感想を述べますと...

このことで,得をする人はいないだろう。変化が生じないのだから。

しかしながら,
このような数々の対立の発生源である 彼ら が一番「損をしない」ことについては
どうかと思います。


 ※ ブログというしくみの有効性については認識しました,この件において。

|

« かゆみどめのこだわり | Accueil | 筑波大学・人間学類・心理学主専攻・説明 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

Commentaires

間接的に向けられてるだけで,
「それはそれで,仕方ない」らしいし,
黙して語らずという選択肢もありだけど。

1)善悪は論じていない。損得の問題。
そう,まさに「利害」について。

2)私自身の資産価値(あるとすれば)を「減じる」方向に事態は動いた。
あるいは得られると期待した価値が得られない。すなわち損した気分。
そのような方向づけを与えた 彼ら 側には損がない。
それが愉快でない,という気分。「どうかと思う」。それだけ。

3)あえて具体名でなく, 彼ら としている理由。
この問題に限らず,利害関係の生じる事柄はおうおうにして,
自分(自分たち)にとってどうなのか,を
まずは考えるだろう。
だから読む人によって 彼ら をどう取るかは異なる(はず)。

4) 彼ら を二通り以上に読むだけの思考能力があるならば,それは構造的視点が一応あるんじゃない?
けっこう。
で,それが,何か?
皆が「もう少し構造的な視点があったら」,なんらかのケリがつく/ついていたんですか。保助看法の後進性が改善されれば解決ですか?

もう少し,動的システム論的な視点があってもいいかも。単に視点や法律が「悪い」,じゃなくて。


Rédigé par: mochi | le 29 juil. 2005 à 15:18

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/5179536

Voici les sites qui parlent de 「損をしなかったのは」:

« かゆみどめのこだわり | Accueil | 筑波大学・人間学類・心理学主専攻・説明 »