« voidまたは凹なneuropsychology | Accueil | [Brodmann 48野]検索者へ »

18 juil. 2005

恒例行事

voidとか凹とかアイデンティティの危機とかいう記事を書いた後に,
土曜日昼から,涼し気な山の方へ出発。
今夜戻ってきました。

山を下ったり(登りはリフトだった),
川で石探ししたり,
花火見たり,
墓参りしたり。

でも
ショッピングセンターをぶらつき,
自分はスーツを一着新調してみたり。

リフレッシュしてきました。

エピソード1

小学生頃抱いていた「大学教授」のイメージによると,
夏は1ヶ月ほど,別荘で優雅に過ごす(政治家とか,大会社の社長とかと同列)はずなのだが。
いったいそんなイメージ,どこで刷り込まれたのだろう?
まったくそんなことは,ないわな。
...というようなことを,漠然と思う。

エピソード2

日曜朝の見た「マジレンジャー」で,
つ●ばセンターの広場が「戦闘シーン」に使われていた。
それで,ストリー展開上「マジシャイン("味方側のキャラクター")」が周囲の建物を破壊しており。

「うちがなくなってるかもしれない」と,
番組の直後から,帰りの道中まで間歇的に
マジで心配し続けていた娘...
なんともなってなくて,よかったね。

エピソード3

激しい落雷で,
「赤地に白いニワトリマークの」ホームセンター(農業系に強い)の店舗が
「落雷火災」に遭う。
しかもなぜか,屋根裏(だけ)を10平方メートル焼いたそうな。
  我々の居場所からわずか100m程度の位置にあり。
    しかも我々の居場所とその店舗の間には「消防署」があり。
  自然の理不尽さを間近で体験。
そりゃぁすごい雨でした。

|

« voidまたは凹なneuropsychology | Accueil | [Brodmann 48野]検索者へ »

09. SELF 【私】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/5026454

Voici les sites qui parlent de 恒例行事:

« voidまたは凹なneuropsychology | Accueil | [Brodmann 48野]検索者へ »