« 臨床心理学特講(DC)-1 | Accueil | An050902b »

01 sept. 2005

臨床心理学演習Ⅰ(学類)2-1

Effects of suppressing neutral and obsession-like thoughts in normal subjects: beyond frequency

『健常被験者群におけるニュートラル思考と強迫観念様思考の抑制効果』
という論文。

伊勢さん担当。

「白クマ実験」に代表される思考抑制に関する研究では,
抑制するとむしろ思考頻度が上昇する,
抑制後の期間に思考頻度が上昇する(リバウンド)などが指摘されている。

・個人に関係する,「望まない」侵入思考を扱う必要性
・侵入に関する不快感,評価の変化
などを問題として,実験が行われた。

87名の大学生を
(抑制あり OR 抑制なし)×(ニュートラル思考N OR 侵入思考I) の4群にランダムに割りふり。
抑制あり群はターゲット思考の抑制あり
ニュートラル思考群のターゲットは「白クマ」,
侵入思考群のターゲットは個々人にとってもっとも「やっかい」とされた侵入思考
(ROIIの中から選定)
period1(baseline) - period2(抑制あり/なし) - period3(monitoring)

結果
・思考頻度(全periodにわたって) N>I。
 period1→2,period2→3にかけて全般に思考頻度減少(=リバウンドなし)
・抑制の成功度 N<I
 抑制の失敗(侵入)へのいらだち N>I
   などなど...

考察
「抑制」は,自然な馴化(思考頻度の減少)を干渉・妨害するようなはたらき?


|

« 臨床心理学特講(DC)-1 | Accueil | An050902b »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/5737755

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)2-1:

« 臨床心理学特講(DC)-1 | Accueil | An050902b »