« 臨床心理学特講(DC)-2 | Accueil | Canonのセールスパースン »

08 sept. 2005

臨床心理学演習Ⅰ(学類)2-2

Experience and appraisal of worry among high worriers
with and without generalized anxiety disorder

『全般性不安障害の有無による心配の経験と評価』
の比較。

落合さん担当。

重度に「心配性」の人は,全般性不安障害(GAD)と診断されたり,されなかったりする。
これを分ける大きな手がかりは,「心配に対する考え方や主観的評価の違い」だといわれている。

本当か?

心配性でGADの群と,心配性でGADではない群(心配性の程度はマッチさせて)に対して
実験的に「心配してもらって」
(「↑では,これから5分間,あなたが心配に思うことを心配し続けてください」)
その前後に注意集中課題を施行し,どれくらい「心配が影響するか」「心配に対する評価など」
をみた。

結果
1)心配は否定的思考の制御を低下させる(特に,心配期間の後)
2)GAD群は,心配の制御が著しく困難
3)GAD群の不安は,激しく短い心配経験によるらしい
4)心配に対する否定的な信念は,GAD群に特有である
...とまとめられました。


# 「心配しろ」って教示されてもなぁ...自分はできないんじゃないかなぁ...
  と思ってたのですが,できる,という人もいるらしい。
  みなさんも,ご自分のお好みの「心配」を5分間,
  みっちり心配してみてください。
   (ちなみに今僕は,学会発表のポスター作りが完了するか心配ですが,
   心配しすぎるというよりは,ことあるごとに「逃避」行動に移り心配を回避しています;
   全然心配が続かない...こういうときは心配が続いた方がよいのでしょうか,ある程度)

# 結果で,どうもやっていることがカイ二乗検定なのに,
 記述に「主効果」とか「交互作用」とか書かれているのがひっかかった。
 そんなんありか。

|

« 臨床心理学特講(DC)-2 | Accueil | Canonのセールスパースン »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/5845520

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)2-2:

« 臨床心理学特講(DC)-2 | Accueil | Canonのセールスパースン »