« 臨床心理学特講(DC)-3 | Accueil | An050916b »

15 sept. 2005

臨床心理学演習Ⅰ(学類)2-3

Inhibitory Difficulties and Anxiety Sensitivity

『抑制困難と不安感受性』

原さん担当。

Anxiety sensitivity(不安感受性)の高さが,情報処理のバイアスを生じさせるということは
あれこれいわれているが,それを同綴異義語・同形異義語(homograph)を用いた実験で検討。

「ASの高い人は,(同綴異義語の)パニックに関連する方の意味を適切に抑制できるか」
「ISIが100msのときと850msのときでは結果が異なるか」

ASIという尺度で,高AS群と低AS群を設けた
...実験手続きなどはややこしいので省略します...
(Gernsbacher's inhibition paradigmの改変版)

反応の正確さに関しては,群間差なし。
潜時の分析で,
高AS群は,
 パニック関連の意味を含む同綴異義語で終わる文章を提示され,
 ISI=100ms条件のときには,その脅威的な意味を抑制しにくい。
つまり自動的な解釈がなされてしまうのだろう。

考察では,social phobiaとPTSDにおける結果との比較もなされていました。

 # 発表者は「課題がおもしろい」という感想を記していました。
   日本語でできるかどうか。ひらがなでやるんだろうけど。
   ぜひ自分で確かめてみてはいかが?(そそのかし)

 # もっと質問攻めにして発表者を苦しめるように
   教育的指導を入れました。今年度は控えめな紳士淑女が多いようで(笑)
   発表内容について何かを議論することは,
   発表者のためでもあり,質問者自身のためでもあります。
   ★簡単に質問するためには,疑問をただぶつけるのではなく,
    "'無知な人のふり'をしている"かのように"演じる"ことです。
    ...多少の「知ったかぶり傾向」は,議論をするうえで有用です。
   
 # 後で気づいたが,今回は全員出席でしたね!!


|

« 臨床心理学特講(DC)-3 | Accueil | An050916b »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/5958814

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)2-3:

« 臨床心理学特講(DC)-3 | Accueil | An050916b »