« 誕生日+1日のアクシデント | Accueil | 臨床心理学特講(DC)-2 »

08 sept. 2005

臨床心理学演習(MC)2-2

続き,2章後半。

例外に焦点を当てる,問題の外在化,スケーリングのことなど。

「こんな風に,うまくいったよ」ということばかり書いてあることに
疑問を呈した方がいましたが。
そんなもんじゃないでですか,この手の本なのだから。

「うまくいっている/いたならそれをやれ」
「うまくいかないなら,変えてみよ」
の精神の反映かもしれません。

「先生は慌てるとか,ドキドキすることがあるんですか」
と尋ねられてしまいました。

そんなに落ち着いているとか,何事にも動じないように見えますかね。

|

« 誕生日+1日のアクシデント | Accueil | 臨床心理学特講(DC)-2 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/5845215

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習(MC)2-2:

« 誕生日+1日のアクシデント | Accueil | 臨床心理学特講(DC)-2 »