« N・T氏来室 | Accueil | 過密とは主観的な感覚 »

05 sept. 2005

学会シーズン

...でございますが,

「しんりん」とか「にっしん」とか「きょうしん」とか,
そういう一般的な意味でメジャーどころであるところに顔を出している余裕がなく
(余裕の程度だけが出席を妨げている,というわけでもないのですが)。

他の学会の準備です。
今週がヤマ場だったりして。
(ポスターをどのようにするかにもよる ; A0一枚モノ?とかね)

そもそもレイアウトをどうするか,とか,
かなりファンダメンタルなところで気を使いたくなるところに
作業が進まない原因がある。

「気をいすぎ」か。

とりあえず,昨日かな,
学会事務局から「ボードが縦長か横長か」のメールが来てよかった
(サイズは既知であったが,どちらか不明で問い合わせようかと思っていたところ)
...みんな,そろそろ作り始めるということだろう。

|

« N・T氏来室 | Accueil | 過密とは主観的な感覚 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

準備お疲れ様です。私たちの学会ですよね?たしかにタテかヨコかが明示されていませんでしたね。事務局を代表してお詫び申し上げます。
ちなみに僕はA01枚でかます予定です。

抄録集の誤植がやけに目に付く今日この頃です。

Rédigé par: kob@kyoto | le 05 sept. 2005 à 22:53

kob様,はいそれです。
このたびはお世話になります。

今のところまだ,私もA0気分です...時間との闘い。内容を固め中。

今回の学会はいろいろと「改革があって」面白いですね。
・会長名でメールがくるので,そのたびにちょっとしたドキドキ感を味わえます。
・抄録集の「応募演題の取り扱いについて」の文面も,かなりふるってると思ううえに,
 自分のが「数題の演題」に含まれるんじゃないかと思っていたり。

抄録集の誤植,ひとつも気づいてないです。

あ,あと,求められているように,「参加します」ってちゃんとメールした方がいいのかな?
さすがに発表者は当然来るにカウントされてると思うので,メール出してないんだけど。

Rédigé par: mochi | le 06 sept. 2005 à 13:06

会長名でメールがくるのは、僕らにとっては「学会メール」なのか「研究室内メール」なのかの区別を困難にします。というか身内に学会メールは届いてない模様ですが。

「数題の演題」に関しては,プログラム集に書いてあるとおり「形式の不備」や「内容の不明瞭性」が争点になったと漏れ伝え聞いてます。査読の先生が今回になっていきなり頑張りだしたのか、今までも受理されない演題があったのかは不明です。

誤植のうちのひとつは、自分の演題(のカテゴリ名)に関するものだったんで気になってました。「語」か「行」かでだいぶ違うので。

メールは何の意図で募集してるものだか良くわからないのですが、恐らく人数把握のものだと思われるので、発表者はメールせずともOKかと思われます。メールを出すということに気づいてないヒトも多そうですね。

Rédigé par: kob@kyoto | le 06 sept. 2005 à 13:36

あはーん,色紙のところ。
85ページ。

たしかに
> 「語」か「行」かで
根本的に別物ですね。

Rédigé par: m0ch1 | le 06 sept. 2005 à 20:34

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/5799154

Voici les sites qui parlent de 学会シーズン:

« N・T氏来室 | Accueil | 過密とは主観的な感覚 »