« 臨床心理学特講(DC)-6 | Accueil | 古いコメントが上 »

13 oct. 2005

臨床心理学演習Ⅰ(学類)2-6

Symmetry, ordering and arranging compulsive behaviour

『対称性・整理整頓強迫行為』

山岸さん担当。

自分の身の回りを整理整頓したり,
散らかった場所を避けたり,
「物をきちんとした場所に戻す」強迫行為に関するアナログスタディ。

まず尺度を作成し(SOAQ-20項目1因子),
簡単な実験で妥当性をさらに確認し,
ついでディセプションを含むような行動実験課題で確認する。

...という,
「新しい尺度なんて作るもんじゃない(えらい大変だわ)」ということがよくわかる,
エレガントな,興味深い,そして教育的示唆に富む研究でした。

ちょいと実験の説明は面倒なので,省略。

僕は大学の部屋はけっこう片付けている(つもり)なのですが,
 それは何かの不安を打ち消すためなのか,
 片付けたことによって生じる支配感を得るためなのか
(という考察があったんだけど)
ウーンと考えてしまいました。

誰か研究しないかな~

※ 今回のもかなりツッコミがいのある論文で,皆よく質問してました。
   大変結構な傾向です。

|

« 臨床心理学特講(DC)-6 | Accueil | 古いコメントが上 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 臨床心理学特講(DC)-6 | Accueil | 古いコメントが上 »