« 修士課程入試1日目 | Accueil | 修士課程入試2日目 »

21 oct. 2005

はじめに結論ありきだった?

情動の科学的解明と教育等への応用に関する検討会・報告書(文部科学省)

ちょっと前にネットや新聞で話題になっていたやつですが。


pdfの27ページ以降の「検討会の検討内容等」の流れを見ると,
はじめに結論ありきだった感がしないでもない。

つまり,何か裏の意図があるのだろう。

24ページに,
「脳科学の成果が与える影響が大きいため,慎重に情報発信する工夫が必要」
とありますが,これか!!
だってな,第2回から第6回まで,検討会において発表されている人たちの中には,
人口に膾炙した「脳科学者」であるX氏やY氏やZ氏の名が...

...社会全般に対する提言である,だけではないんだろう。

ところでその報告書によって「分かっている」とされた6項目,すなわち
  1.愛着形成
  2.基本的生活リズム・食育
  3.重要な他者=保護者の役割
  4.5歳までの乳幼児教育
  5.成人脳の可塑性→生涯学習
  6.前頭連合野,大脳辺縁系
 のうち,

脳科学的根拠によるものは報告書にある限りでは5.と6.だけ
であり,

さらに,
5.については(報告書14ページ),

「空間的記憶やエピソード記憶に関与する部分」=海馬を指していると思われ,
右○を鍛えたら...とか前●葉を鍛えたら...は書かれていないよ

ということに注目すべき,
だと思います。

注目させるべきだと思います,マスコミは。
ゲーム◆のことばかり報じないで。

愛着とか食育とか5歳までとか(記憶以外の)成人脳の可塑性についても
な~んか脳科学的にわかってきたかのように考えてしまうのは,
正確ではありません。
(なんとなく新聞記事などを読むと,そんな風に感じてしまいそうですが)

提言に従って,一部伏せ字などにする工夫を施して,
慎重に情報発信してみました/してみたつもり(笑)。


|

« 修士課程入試1日目 | Accueil | 修士課程入試2日目 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/6496747

Voici les sites qui parlent de はじめに結論ありきだった?:

« 修士課程入試1日目 | Accueil | 修士課程入試2日目 »